宮崎つばめのネットビジネスで月収100万円。

宮﨑といいます。 ネットビジネスについて書いていきます。 主に情報販売、アフィリエイトについてです。 ネットを使って月収100万円を目指していくブログです。 心構え、手法を共に紹介します。 お金は欲しいけど、組織に縛られた働き方は嫌だし、家やカフェにいながら稼ぎたい!というそんなあなたに。 ※2013/09/08 時給5700円達成。

全くモテなかった僕に彼女ができた理由①

こんにちは。宮﨑です。

先日発表になった企画ですが、
思った以上の反響でビックリしています。
限定20名ですので、 早めにチェックしてくださいね。
→【限定20名】クソつまらない人生を、一瞬で最高の人生に変える方法!?
(僕のもう1つのブログに飛びます。)


今回はたまには趣向を変えましょうか。
僕の彼女についての話を書きたいと思います。

今の彼女は、僕にとっての最初の彼女で、
大学在学時から付き合っていて、
現在は5年目になります。

高校まで彼女なんてできたことない僕ですが、
本当に僕にはもったいないくらいの、
可愛いくて優しい彼女です。

今回は普段と雰囲気を変えまして、
自分で記憶を記録していくという意味でも、
彼女との馴れ初めを振り返ってみたいと思います。

小学校時代からいきましょうか。笑

僕の初恋は小学校2年生だったと記憶しています。
まあ仮にAちゃんとしましょうか。

Aちゃんは家が非常に近くて、
転校生であった僕と、同級生の女の子と、
Aちゃんの3人で毎日一緒に下校していました。

ですが当時は小学生。

仲良くしていたものの、
付き合うとかそういう感情はなく、
ただ時間が過ぎ、小学校を卒業。

元気な性格というのもあって、
比較的女子からは人気はあったかもしれません。
(自分で言うのもおかしいですが笑)

中学時代の話に入りましょう。

クラスは違うものの、 Aちゃんとは同じ学校です。
中学生ともなると、
さすがに男女を意識するようになります。

僕は明確に、
「Aちゃんが好きである」
と意識するようになりました。

お互いに違う部活に所属しながらも、
家が近いので、帰りが一緒になる事もありました。

本当に毎回ドキドキしていましたね。
僕もなかなかこういうのに慣れてないですので、
 帰りが一緒になるだけで、

「両思いなんじゃないか?」

そう思う事も多くありました。
そんなわけないんですけどね。笑

「好き」を意識したりもしましたが、
 基本的には自分から何かする事もなく、
受け身の姿勢のまま時間が過ぎていきました。

唯一した事と言えば、
道でAちゃんを待ち伏せした事ぐらい。

偶然を装って、
途中から一緒に帰った事もありました。

結局そのまま中学時代が終わります。

「彼女」なんてのは、
結構イケてる男友達から話を聞くだけ。

クラスでも女子と話したりはしましたが、

小学校からの持ち味の元気な姿勢は、
思春期に入るにつれ、なくなっていきます。

中1→中2→中3と、
次第にネクラへとなっていき、
ついに高校の、大暗黒時代に入ります。

さあいきましょう、 暗黒の高校時代。
(長くなりますね。すみません笑)

身体の小さい僕ですから、
思春期の訪れもやや遅めです。

中3~高2までにピークを迎えます。

暗黒の高校時代ですが、
ほぼ女子と話した記憶がありません。

同じ部活の人との会話を除くと、
今思い出せるのは、

①高1の入学式の日に隣の席の女の子と
②文化祭の準備中に必要になって
③模試が返ってきた時に隣の席の子と

ぐらいしか覚えてないですね笑

本当に高校時代は、
両手で数えられるぐらいしか、
女子と話した記憶がありません。

低身長で外見にも自信がないし、
(ニキビとクセげで悩んでいました)

スポーツも苦手で、
典型的、勉強だけが得意な人間でしたね。

「アメトーク!」で言えば、
イケてないグループに所属していた人です。


全然関係ないですけど、
アメトークのあの企画いいですよね。

高校暗黒時代にあの企画があったら、
すごい勇気づけられたなーと思います。

今見ても、すごく面白いから、
いいんですけどね笑


外見的に難あり、運動できない等、
色々な面で自信がないから、
女子とも話す事は非常に困難でした。

ましてや好きな子と話す事なんて出来ません。

それでも高校生ともなれば、
彼女の一人や二人は欲しいもの。

しかし話す事で仲を深められない僕は、
奇想天外な方法を考え出します。

当時好きだったIさんの知り合いの友達に頼んで、メールアドレスを聞き出してもらいます。

そこからメールで仲良くなろうというわけです。
相当無理がありますよね。笑

そもそも直接ほとんど話した事がないのに、
夜メールだけはするという状況の異常さ。

それでもアドレスを教えてくれたり、
夜僕とメールに付き合ってくれたIさん。

今考えると本当に優しい人です。
普通そんなの無視しますよね。

メールのやり取りはそれなりに続くのですが、
いつもIさんが先に寝てしまう展開。

いくら恋愛に疎い僕でも、
全く脈がない事はわかりました。

実際には、まだ寝てないけど、
寝たことにされてるな、と。

メールはそれなりに続くものの、
実際には話していないのですから、
それ以上進展するわけがありませんでした。

そろそろ卒業もちらついてきた頃、
この関係性に区切りをつけようと、
僕はある決断を下します。

この決断がまた、奇想天外。

「なんでそうなるの」
という感じです。

あまり感触が悪いなら、
思い切って勝負するか、
フェードアウトするか。

一般的に考えられる選択肢は、
その辺だったと思います。

僕はそこで何故か、
「告白フェードアウト」

という選択肢をとります。

「好きです。付き合ってください」
と言うわけでもなく、
静かにフェードアウトするのでもなく、

ただ一言、
「好きでした。」

と言ってフェードアウト。

それで関係を終わらせようとしました。
なんという自分勝手でしょうか。

Iさんは、非常にリアクションに困ったでしょう。

たしかその時の返信が、
「なんてリアクションしていいか分からないけどありがとう。本当はもっと直接お話したかったな。」 

的な返信でした。
本心では非常に困っていたのでしょうが、
意味不明な僕に優しくフォローの言葉。


ああ、本当に僕はこの人を好きで良かった。

そう思いましたけれども、
なんとも自分勝手で、
悪い後味の残る、
苦い思い出となりました。

高校時代は、こんな感じです。
文字通りの、暗黒時代でした。


この苦すぎる経験を踏まえるわけですから、
当然、大学時代は多少の成長を見せます。

これだけの経験をしたのですから、
僕も悔しくて、努力をしました。


そして、、、
ついに僕に彼女ができる時が来るわけです。


さて、どうしましょうか。

1回で完結させようと思っていましたが、
思ったより白熱しちゃいました。

「彼女ができた理由」
とか言っておきながら、
その彼女にすら出会ってませんね。笑


ちょっと長いんで、全2回に分ける事にして、
今回はこの辺にしたいと思います。


また近いうちに更新しますね。
それでは、また次回です。

by 宮﨑
→【限定20名】クソつまらない人生を、一瞬で最高の人生に変える方法!?
(僕のもう1つのブログに飛びます。)

 

時間的・経済的自由を、あなたに。

突然ですが、質問です。

あなたは人生を最高に楽しんでいますか?


もしかして、

普段からこんな事を思っていたりしませんか?


例えば、

「仕事が嫌で、月曜日は憂鬱になる」

「奥さんとの関係がうまくいかない」

「毎朝満員電車にゆられるのが辛い」

「資格の勉強をしているが、集中できない」

「高級なバーに行きたいが、実際は《わたみん家》」

「上司に命令ばかりされて、むかつく」

「自分は全然、モテない」

「お金がなく、貧乏」


総合的に見て、

自分の現状に満足している人って、

そんなに多くないんじゃないかと思います。


私もそうでした。


「お金がない」

「仕事にいきたくない」

「努力をしたくない」

「家族とうまくいかない」


「死にたい」


こんな事を毎日考えていました。

あなたは、こんな風に思っていませんか?


どういう経緯で私に辿り着いたのかは、分からないです。

どういう経緯でこの記事に辿り着いたのかは、分からないです。


ただ、1つ言えることは、


私は、自分の人生を最高のものへと変える、

すごい方法に気づいてしまったという事です。

そうです。

今回あなたに贈るこの企画のコンセプトは、


「クソつまらない人生を」

「最高の人生に一瞬で変える」

「たった一つの方法」

です。


今回はこの方法をあなたにご紹介したくて、

今夢中になってこれを書いています。


僕の人生が好転する前。

ちょうど1年くらい前でしょうか。


当時の僕は本当にひどかった。

何もかもがつまらなく感じていました。


大学を卒業して、

東京で不動産関係の会社に勤めたのですが、

営業が辛くて、会社の雰囲気に馴染めなくて、


僕は精神的な病気になってしまいました。


仕事も辞めて、地元の長野に帰ってきてしまったんです。


本当に惨めでした。

仕事もする気もおきなく、

ただ家にいるという辛さ。


家族は何も言いませんでしたが、

逆にそれが辛かった。


本当に苦しくて、

何度も自らの命を絶とうと思いました。



ところがですね、

これが何故か死ねないんです。


人間って、簡単に死ねないんですよ。


どんなに辛い状況であっても、

いざ死ぬとなると躊躇してしまうんですね。


勝手に産んでおきながら、

自分で死ぬことを選択できないんですよ。

これってすごく、残酷だと思いません?


悩み悩んだ末に僕は、

こういう考えに辿り着きました。


「どうせ死ぬなら、思いっきり自分のやりたい事をやって、

それでも上手くいかなかったら死ぬことにしよう」


そう気持ちを切り替えました。


そこで私は、

「自分の人生をやりたいように生きている」

「人生を楽しんでいる」

「やりたい事をひたすら目指している」


そういった人達の生き方を参考にしようと思いました。


自分の目指す人生を歩んでいる人達の書いた本を、ただひたすらに読みまくりました。


そうする事で、自分もうまくいくと思ったからです。


何十冊も、いわゆる成功者の本を読んでいくと、

ある事に気がつきます。


人生を楽しんでいる人って、

実は皆さんほとんど同じ事を言ってるんですよね。


違う本なのに、

「まただ」「これもだ」

と何度も同じ考え方が登場する。


それが分かってくると、

世の中で流行っている漫画、映画、テレビ、音楽などでも、

実はその考え方が出てきていたりする。


「またこれか」

「どれも結局同じ事を言っている」

「大事な事は、そんなに多くなく、共通している」



すごく大事な事だし、

人生がうまくいっている人はみんな言ってる事。


なのに、何故か僕らはそれを見落としている。



今回、私があなたにお伝えしたいのは、

そんな誰でも聞けば分かるようなことだけど、

でも誰も意識していない、



「クソつまらない人生を、」

「最高の人生に一瞬で変える、」

「たった1つの方法」です。



これに気づいてから、

私の人生は圧倒的に変わりました。


この方法は、半年以上のリサーチ期間と、

2か月以上の制作期間を経て完成した、

珠玉の理論です。



それをあなたにお教えします。
今回はそのご案内です。 


「え!ちょっと待って!」

自分が今最高の人生を歩んでいるなら、

それをわざわざ他人に教える必要はないのでは?


と思われる方もいるかもしれません。



ただ今回の内容は、

「1日10分で月100万円稼ぐ方法」

みたいなよくある情報商材とは根本的に違います。


そもそもこういう話はおかしいんですよ。

「1日10分で月100万円」稼げるなら、

そんなの他人に教える必要がない。


結局そういう美味しい話で釣って、

商材でガッツリ稼ぐのが一番の目的なわけです。


私は違います。

そもそも今自分は最高の人生を過ごしていますので、

大きく稼ぐ必要がない。


ですので価格については後で言いますが、

かなり低価格での提供になっています。

何十万円とか、絶対取らないのでご安心ください。


私がこの方法を公開しようと思った理由は、

あなたにも最高の人生を手に入れていただき、

それをあなたに広めて欲しいと考えているからです。


私の理論を学んでいただいた暁には、

それを使ってお金を稼いでいただいて構いません。

私に権利料を払っていただく必要もありません。


あなたのおかげで日本の皆さんが幸せになる事は、

これ以上ない程の良い事ですし、

私の名前なんて出してもらえれば、

私の宣伝にもなり、一石二鳥です。


ですので、私の理論を学んだら、

その理論で最高の人生をまずあなたが手に入れ、


お金をとってもいいですから、

それをどんどん世に広めていって欲しいんです。

(私の名前を出してくれたら、もっと嬉しいです。)


そうすれば、日本中が楽しい人だらけになって、

日本という国は、

私が大変快適に暮らせる最高の国家になるわけです。


私が最高の人生を手に入れた方法を教え、

私から学んだ方法をあなたがに誰かに伝える。

その結果私の住む日本は、最高の国になる。


これが、今回この商品をリリースした目的です。


コンセプトを一言で表現すれば、

「最高の人生、最高のニッポン」


ですね。



あなたは多分、偶然これを見ているのだと思います。

人と人の出会いは突然です。

そう、これは交通事故です。

そして、わたしとあなたは偶然にも出会ってしまったわけです。

本当に人生が楽しくなるの?一瞬で?


半信半疑かもしれません。
信じられないと思います。

24歳の青年がパソコン1台で月に数10万円を稼ぎ、生きている。

考えられないかもしれませんが、これは事実で現実です。

今私の話に興味を持って、人生を変えたいと思うなら、
私に、あなたの貴重な時間とちょっとのお金を預けてはくれませんか?


私の理論を実践していただければ、

あなたの人生は変わります。


間違いなく最高のものとなるでしょう。

これから1か月もしないうちに激変してしまいます。

変化を恐れないでください。
変わるという事は素晴らしいことです。

しかし、あなたの周りの人は言うかもしれません。


「お前には無理だって」
「普通に働け。楽する方法なんて考えるな」

「みんな我慢して仕事してる」
「結局頑張るしかない」

と。

常に何かを成し遂げようとする人間には足を引っ張ってくる人がいるのです。
それは家族かも知れないし、恋人かも知れません。


こんな訳のわからない助言?にいつまで従い続けるのでしょうか?

そういった助言を信じてきて、

あなたは、今最高に幸せな人生を送っていますか?

私たち人間はロボットではありません。


学校や大人の教育を受けて育つと、凝り固まった思考になってしまいます。
洗脳されているんです。


私たちは自分の眼で見て、そして判断する力を養う必要があります。

知らないから信じない。


自分の常識以外のことを受け入れようとしない。

これでは成長なんて有り得ないのです。


私たち人間は、進化することが可能な生き物です。
自分の意識次第でどうにでも変わることができるというわけです。

あなたに覚えておいてほしいことは、
周りの大人の意見などは別に無視しても問題ない、ということ。

誰かが無理だと言ったからやめるのではなく、
自分が無理だと思うまでやってみればいいのです。


周りの大人達を想像してみてください。


口先だけは達者ですが、実際には、

ほとんど何にも挑戦してこなかった人たちではないですか?


それがあなたの目指す人物ならいいです。


ただ、あなたには別に実現したい理想があるのなら、

その理想像に近い人物の言う事を聞く方が、

理にかなっているとは思いませんか?


趣味を仕事にしたいなら、

好きなことだけして生きていきたいなら、

ネットビジネスに興味があるなら、
お金を稼ぐことに興味があるなら、
人生を変えたいなら、


やってみればいいのです。

誰かに流され続ける人生は誰かの人生です。
それで本当にいいんですか?


あなたの人生は、あなたのものです。


自分の人生だからこそ、

自分の意志で選択し行動する必要があります。


「人の目が気になる、恥ずかしい」
世の中にはこんな人がたくさんいます。

自分の考えを明確にし、
他の人に発信して、知ってもらうということの

どこが恥ずかしいことなのか。


私は、自分の理論を進める事に誇りを持っているし、

変なことをしている、怪しいことをしてる意識は全くないです。
だから別に誰に何と思われたって構いやしません。

10人いたら、1人でも共感してくれたらそれでいいのです。
無理に共感してもらっても価値ないですから。


私は逆に聞きたいですね。

「そんな他人の目が気になるのか?」と。

そして、
「そこに何かメリットはあるのですか?」と。

「周りのことを気にしてばかりの人生は幸せなのか?」と。


周りの目を気にして本当の自分を隠し、偽りの自分で接する。
そんなの嫌ですよね。

堂々と生きる。
それが私の人生です。

例えば、起業をしたい、というと、
「リスクがありすぎる」
「甘えるんじゃない」


これに一生従い続けるんですか?

これは洗脳ですよ。

家族に反対されたら、

こう答えてみてください。


「したこともないのに、なぜはじめから無理だと決めつけるんだ?」



きっと黙ると思います。

例えば、貧乏だった生活から成功し、月1億稼いでいる人がいたとします。

誰がこの人が1億稼げるようになると予測したでしょうか?

きっといません、そんな人は。

成功者というのは、

馬鹿だと笑われても自分の信念を貫いた人ばかりなんです。


自分で信じてあげなくてどうするのか?

自分を本当の意味で信じて、

許してあげられるのは、自分だけですよね。


自分で自分の成功を信じることが出来ないなら成功なんてしないです。

私は誰よりも自分の才能を信じているし、成功を信じている。

そして、常にイメージしている。
カフェで何気ない顔しながら、
一瞬で100万以上を生み出している姿を。
 

誰に馬鹿にされようとそれは変わらない。

そんなの関係ないです。


世の中に成功者は1割だといわれています。


だから、その他大勢の9割は自分の考えを理解できるはずがない。
そう思っています。

普通の人がしないような動きをするから、

普通の人とは違う人生が歩めるのです。


普通でいいと思ったら、
普通で終わるか、それ以下です。

当たり前ですよね。


普通じゃ嫌だと思わなければ、
普通からは抜け出せないのです。


私は平凡な人生なんて、まっぴらごめんです。

たった1回しかない人生を最高の人生にしたい。


毎日が楽しい。
好きな時間に、好きな人と、好きな仕事をする。


そんな人生よくないですか?

だからこそ私は、23歳の時に大きな一歩を踏み出したわけです。

次はあなたの番です。


私が一瞬であなたの人生を、

最高の人生に変えてみせましょう。


好きな時間に、

好きな格好で、

好きな場所で、

好きな人と、

好きなことで仕事ができる。


そんな最高の方法・心構えをお教えします。

 →人生を一瞬で変えるたった1つの方法お申し込みはこちら 

<特典に関して>

「お前の人生は今最高なんだろ?」

「だったら無料で教えろや」

という方もいるかもしれません。


しかし私の現在の人生の主目的は、

私の理論を日本の多くの方に伝える事です。

この商品の目的もそこだという話もしました。


私の人生は今最高に幸せですが、

この理論を広めるには、

やはりお金がかかります。


ですので、お金をわずかながらいただきます。

そんな高額はいただきません。


ですが、その少額ですら、大切なお金です。

とても大変な事だというのは、分かっています。


そこで、あなたが私の商品を買っていただいた暁には、

99%あなたが使った購入価格以上を回収できる、

とっておきの方法をお教えします。


しっかり私がお教えしたとおりに実践した場合、

という条件付きですが、

ほぼ確実にこの商品の値段以上に稼ぐ事ができます。


きちんと法に乗っ取った、正しい方法です。

「自己アフィリエイト」

と呼ばれるものになります。


既にご存知の方もいると思いますし、少し長くなるので、

自己アフィリエイトに関しては、自分でお調べいただくか、

以前に私のブログで記事を書いていますので、

そちらをご覧いただきたいと思います。


以前に自己アフィリをやった事がある方は、

少し案件を探すのに苦労されるかもしれません。


ですが購入価格以上に稼ぐ事は、簡単です。


「解体新書」に従って、

ちゃんと実践していただければ、ほぼ間違いありません。

ですので、ご安心ください。


それではここで、

商品の内容を今一度確認していただきたいと思います。


<商品内容>

①「人生を一瞬で変えるたった一つの方法」

・pdfファイル形式。全44Pにぎっしり凝縮。

・はじめに(3P~7P)

・理論編(8P~25P)

・実践編(26P~39P)

・最後にメッセージ(40P~44P)


②「商品価格を上回る?自己アフィリ解体新書」

・pdfファイル形式で①とは別に特典としてプレゼン ト。

・自己アフィリの仕組みを解説。

・自己アフィリの始め方。

・稼ぐための実践法。

・実践していただければ、商品価格を十分に回収できます。



※また、今回のこの①②のパッケージは、永年更新制度をとっています。

私がこの①②のコンテンツについて、

追加で得た知識、新たなノウハウ、

時代変化に対応しての修正など、

どんどん改良し、より良いものへとしていきます。 


よくありがちなのが、商品をマイナーチェンジして、

パッケージを別にして再販売するという手法です。


私はこの商品に関しては、一切そういった事をせず、

更新する度に、登録のアドレスに最新版の商品を送る、

という形を私が死ぬまで続ける事をお約束します。

(サポートに関しては、3か月です。)


もちろん、その内容も、

私の名前を使ってくだされば、

どんどん広めっていってもらって構いません。


むしろ、そうして欲しいです。笑


ですので、そういった意味でも、

私からのメールが迷惑メールに入っていないか確認して欲しいですし、


メルマガやブログ等、私からの発信に、

少しでもアンテナを張っていただけるとありがたいです。


<価格>

お値段をお伝えしていませんでした。


非常に悩みましたが、

今回は、先着20名限定で、


5000円(税込。3か月のサポート付き)


としたいと思います。


正直、私が2か月以上の期間をかけて作った最高傑作ですので、

この価格で販売するのは、断腸の思いではあります。


つくるのにかけた資料代や時間を考えたら、

2~3万はとってもおかしくないくらいです。


ただ、

当然これを買ってくれるお客様の中には、


あまりお金のない学生さんもいるでしょうし、

少ない小遣いで頑張っている会社員の方もいるでしょうし、

少しでも豊かな生活をしたいという主婦の方もいるでしょうし、

必死にミュージシャンを目指している方もいるでしょう。


価格を決めるときに、私は思ったんです。


「現在進行形で夢・理想を追い続けている、

もがいている方達に届かなければ、意味がない」と。


しかし私もこれで飯を食っていますし、

「無料」というわけにはいきません。


ただし、これが必要なあなたに、

これが届かないことが一番怖い。

私が最も恐れている事です。


そのギリギリのせめぎ合いの中で、

私がひねり出した答えが、


5000円(税込、3か月のサポート付き。)


という価格です。


これ以上は譲れませんし、

先着20名と謳っています通り、

購入者が20名を越えた時点で値上げを致します。


いくらになるかは検討中ですが、

かなり上がると思ってください。


ですので、迷っている方は、

出来るだけ早くご購入する事をお勧めします。


値上げ後は、

さらに値上げする事はあっても、

値下げをする事は100%ありません。


先に購入された方の不利益になりますので。


おそらく今後、私から新商品を発表する際には、

これより安い価格になる事はないと思います。


大丈夫です。ご安心ください。


先ほど申し上げましたとおり、特典として付いてくる、

「自己アフィリエイト解体新書」

の記載通りに実践していただければ、

購入価格は回収できます。



つまり、完全にノーリスクです。

そもそも私の商品自体、製作に使った金額や期間を考えると、

5000円を圧倒的に上回る内容です。


その上、代金回収の手段まで付いてくるのですから、

これはもう完全なノーリスクと言えます。


唯一リスクがあるとすれば、

あなたが学んだ事を実行に移さない危険性でしょうか。


行動さえきちんとしてくれれば、

本当にリスクはありません。

ですので、ご安心ください。


むしろ私があなたの立場だったら、

購入する以外の選択肢がありません。

それぐらい、チャンスだと思ってください。


こんなオファーは、

今回のみになるかもしれません。


私は今後もどんどんステップアップをしていきますので、

商材もコンサルも、

内容の向上とともに値段も上がっていく事と思います。


ネットビジネス界の有名人を見れば分かりますよね?


あそこまで大きくなってしまうと、

社員やオフィス等、抱えているものが多いので、

僕のような個人レベルの起業家と比べて、


採算がとれるサービスの価格というものが、

全くもって異なるのです。


「自分の好きなように、人生を全うしたい」

と思っているあなた。


今が最後のチャンスかもしれないですよ。


この価格で販売するのは今だけですし、

売れすぎたら、販売中止だってありえます。


迷っているあなたへ。

勇気ある行動を、

お待ちしています。
 

→人生を一瞬で変えるたった1つの方法
 お申し込みはこちら 


<決済方法>

決済に関してですが、

ご購入を決められましたら、

まず専用フォームにお名前とメールアドレスを打ち込んでいただきます。


すると自動返信で私の口座番号が送られてきますので、

そこに5000円を入金いただければ、

注文完了です。


申し訳ありませんが、

対応しているのは銀行振込みのみとなります。


<納品方法>

私の方で入金を確認次第、必ず24時間以内に

パスワード付きpdfファイルを送り、

パスワードも別途メールでお送りします。


あとは送られてきたパスワードで、

メールに添付されているpdfファイルを開き、


そこに書いてあることを実践していただければ、

あなたには最高の人生が待っています。


簡単です。


特典に関しましても、登録していただいたメールアドレスに、

pdfファイルを添付したメールにてお送り致します。

 →人生を一瞬で変えるたった1つの方法

 お申し込みはこちら 


<サポートに関して>

最後に、サポートに関してです。


これからあなたには私の商品から学んでいただき、

最高の人生を手にしていただくわけですが、


あなたが自分のやりたい事をやっていく中で、

なかなか先に進めなかったり、

お金に換える事に苦戦したりもするかもしれません。


ですので、

そういったつまづきに関しては、

私がお手伝いをさせていただきたいと考えています。


私もあまり仕事に時間を使いすぎると、

本来目指す人生像とは異なってしまうので、

サポートに限界はあります。


商品を買っていただいた方に必ずお付けする、

メインのサポートは、

skype、LINE、メールを予定しています。


うまく都合が合えば、

直接無料でお話しする事も出来るかもしれません。


ただ、お約束は出来ません。


お約束できるのは、

skype/LINE/メール の3つの手段。

3か月という期間です。


これは、ご購入する前に、

必ず確認していただきたい点です。


3か月以内であれば、

LINEとメールは24時間に必ずご返信、


skypeは24時間以内に必ず、ご相談出来る時間の枠の確保、

を約束いたします。


これは確実に守り、誠心誠意ご対応させていただきますので、

ご安心ください。


3か月もあれば、

あなたは見違えるほどの人生の変化を遂げています。


十分すぎる期間をとっていますので、

ご安心ください。


期間終了後も、条件によりますが、

相談等にのっていこうとも考えております。


お約束できるのは3か月間ですが、

ビジネスパートナーとして、

そして支え合う友人として、

末長くお付き合いできたらな、と考えております。

どうぞ、よろしくお願い致します。

 →人生を一瞬で変えるたった1つの方法

 お申し込みはこちら 

<質問等がある場合>

また、pdfファイルの開き方が分からなかったり、

入金の仕方が分からない等、

質問があれば全てお答えしますので、

安心してご質問ください。


何か質問がありましたら、

この記事にコメントいただければ、必ず返信致します。

Skype、LINEに関しましても、

登録の仕方から使い方まで、

サポートの3か月の期間中であればいくらでもお教えします。


本当になんでもいいです。

答えられることは全て答えますので、

ご安心ください。
 

→人生を一瞬で変えるたった1つの方法
 お申し込みはこちら 


<よくある質問~Q&A~>


【Q1】

追加費用はかかりますか?

【A】

私の方から、「追加でこれを買ってください」

と言う事はありません。


ただこれからあなたには、好きな事だけをして、

生きていってもらう、というのがこの商品のコンセプトです。


今後それぞれの方が活躍する分野は多岐にわたり、

正直、私にも予測するもの困難です。


結論から言えば、私から支持する事はありませんが、

好きな事を追求していく中で、

費用が発生するという事はあると思います。


それを追加の費用と考えるのか、

自分の人生への投資と考えるのかは、

あなた次第だと思います。


【Q2】

サポート等はどうなっているのでしょうか?

【A】

メインのサポートは、

skype、LINE、メールを予定しています。


うまく都合が合えば、

直接無料でお話しする事も出来るかもしれません。


ただ、お約束は出来ません。


お約束できるのは、

skype/LINE/メール の3つの手段。

3か月という期間です。


これは、ご購入する前に、

かならず確認していただきたい点です。


3か月以内であれば、

LINEとメールは24時間に必ずご返信、

skypeは24時間以内に必ず、ご相談出来る時間の枠の確保、

を約束致します。


【Q3】

返金保証はありますか?

【A】

申し訳ないですが、ありません。


この保証を付けてしまうと、

不要な方が申し込んでしまう可能性が高くなります。


お金を支払うという事を、自分の責任において出来る事も、

自分の人生をより良いものにするために必要な要素だと思っています。


私自身、例え騙されたとしても、それは選択権を有する支払った自分の責任である、

と思って常にお金を使っていますし、

そもそも満足出来ない様なモノは、見分けが付くのでお金を払う事もありません。

この様な考え方が非常に重要な視点だと考えています。


【Q4】

支払い方法はどのようになっていますか?

【A】

申し訳ないですが、銀行振込みのみとさせていただきます。

申し込みいただきましたら、振込用の口座番号をお伝えします。


【Q5】

本当に人生を最高のものに変える事が出来ますか?

【A】

商品に書いてある通りに行動していただければ、間違いないです。

実際に僕が実践して、本当に最高の人生になりましたので。

方法は全てお教えします。


あとはあなたが実践して、成功するだけです。

サポートは3か月間つきますが、

あくまでも自己責任での購入をお願いします。


<最後に> 

「自分の好きなように、人生を全うしたい」

と思っているあなた。


今が最後のチャンスかもしれないですよ。


この価格で販売するのは今だけですし、

売れすぎたら、販売中止だってありえます。


迷っているあなたへ。

勇気ある行動を、

お待ちしています。 

→人生を一瞬で変えるたった1つの方法
 お申し込みはこちら 

好きなことだけして生きたら、どうなる?




こんにちは。
どんどん更新していきます。宮﨑です。

最近、ブログを更新するのが本当に楽しいです。
皆さんがよくご覧になってくれてるみたいなんで。

さて前回からは、
心屋仁之助さんの本について、 学びを紹介しています。
『「好きなこと」だけして生きていく。』
という本に関してですね。

好評ならシリーズ化しようかなー という風に書いたと思います。
今までで五本指に入るくらい好評でしたので、
早速ですがシリーズ化して、第2弾です。笑

前回の記事はこちらから確認してください。
努力は必ず報われる?

前回は、努力は必ず報われるとは限らない、
といった内容の話でした。

じゃあどうしたらいいの? って思いますよね。

そこで、本のタイトルにも関連してきますが、
「好きなこと」だけして生きていくのはどうですか?
という提案を私からさせていただきます。

ということで今回のテーマは、
「好きなこと」だけして生きていく、です。

そもそもせっかく生まれのに、
好きな事をやらないのがおかしいです。

みなさんあまりにも我慢をしすぎていますね。
本当は他にやりたい事があるのに。

あなたにもありませんか?
・仕事をサボってカフェに行きたい。
・授業をサボって屋上で昼寝したい。
・サラリーマンではなく、起業したい。
・好きな人に告白したい。

本当はやればいいと思いますよね。

好きなこと、やりたいことをしている時が、
どう考えたって人生で楽しいのに。

毎日ワクワクだけしていたら、
それはそれは最高の人生になるはずです。

けど、何故かできない。
これは、前回から言っているように、
あなたが自分に自信がないからです。

あなたが自分を許していないので、
自分を認めていないので、
他人の評価ばかりを気にしているので、
本当のあなたを解放できていないのです。

でもね、意外と大丈夫なんですよ。
あなたは好き勝手に生きても。

あなたが人生を思い切り楽しむことで、
その姿が誰かを勇気づけるからです。

「私も好きなように生きていいんだ」
と誰かの背中を押すことができるからです。

僕も自分がしたいように生きて、
結果的に誰かの背中を押せればいいなと思っています。

みんながそれぞれ好きな事・やりたい事をやって、
お互いに迷惑をかけあって、
お互いに助け合えたら、
最高じゃないですか?

好きなことをしていると、

自分らしく生きられる。
人生が最高になる。
自由になれる。

そして好きなことをしていると、
なぜかお金が入ってくるようになります。

何故かというと、
私利私欲で生きるのには、 罪悪感がないからです。

ここでは自分は存在しているだけで、
価値があると思い込んでいる状態になっています。

なので私利私欲で生きていようとも、
人の役に立っていなくとも、
豊かさを受け取っていいと思っていますし、
幸せになっていいと思っているからです。

お金にとらわれていないんですね。

「好きに生きていい」 という前提の違いですよね。

好きなことが出来ない人は、
好きに生きてはいけないと思っているんです。

自分に価値がないと思っているので、
そんな自分が好き勝手に生きるなど、
到底考えることが出来ません。

自分に自信がなく、
ダメだと思っているので、
罪悪感でお金を受け取ることも出来ません。

せっかくのチャンスも、
フイにしてしまうし、
気づいていなかったりもします。

本当はあなたは最高の価値を持っているのに、
自己評価が低いので、
自分には価値がないと思っているので、
本当は当然に受け取っていい豊かさを、
自ら拒否してしまっている状態です。

だから必死に頑張って、
必死に自分の価値を上げようとしてしまう。

それはやめましょう、
という話は前回しましたよね。

全然違いますよ。

あなたは、生きてるだけで最高です。
素晴らしい価値を持っています。

ですから、他人への価値提供とか、
そういう難しいことは考えなくていい。

あなたは自分の好きなことをして、
自由気ままに生きればいいのです。

そうすると、お金をはじめとしとした豊かさが、
あなたに舞い込んでくるようになりますので。

思い切って、 あなたの好きなことをやっていきましょう。
僕も好きなことをひたすらやり続けます。

もしその先で、 あなたとビジネスを一緒にしたり、
一緒に遊べたら最高だと思いながら、
今この記事を書いています。

そうです。

今僕がこの記事を書いているその行為も、
僕の好きな事なんです。

有言実行です。笑

どんな小さな事でもいいです。
むしろ小さい事から始めましょう。

だってそうじゃないですか?

今ここでコーラを飲みたいあなたが、
「お金が勿体無い」 「太ってしまう」 「虫歯になる」
とあれこれ理由をつけて出来ないのに、

果たして仕事を辞めて、
念願だったラーメン屋を開業する!

なんて事が可能でしょうか?

僕はそれはできないと思います。

目の前の小さいやりたい事も出来ないのに、
ずっと思い描いている、自分の夢が、
実現できるとは思えないからです。

ですから、どんな些細な事でもいいです。

やりたいこと、やりましょう。
好きなこと、やりましょう。


眠いなら、寝ましょう。
映画が観たいなら、観ましょう。
ビールが飲みたきゃ、飲みましょう。

好きな事を、思いついた時に。

これが一番の近道だと思います。

好きなように生きる、第一歩です。

僕はこれをし始めてから、
人生が好転しました。

毎日が楽しくてたまりません。

やりましょう、好きなこと。
やりましょう、やりたいこと。

あなたも、ぜひ。

どうでしたでしょうか?

このシリーズは好評ですので、
しばらく続けていこうと思います。

区切りがいいので、
今回はこの辺にしておきたいと思います。
また近いうちに更新しますね。
最後に、おまけです。

高橋優さんの、
「福笑い」という曲です。

歌詞が非常に最近僕が思っている事と一致するし、
ここ何回かブログで言っていると事とも一致しています。

あなたが今日笑って生きているか。

結局ここだけな気がしますね。
人生を楽しむコツって。



それでは、また次回です。

by 宮﨑

マクロミル

努力は必ず報われる?


こんにちは。
宮﨑です。
今回も是非最後までお付き合いください。

まず、あるフレーズについて。


努力は必ず報われる」
よく聞く言葉です。

今回はこの「努力」「頑張ること」
について考えていきたいと思います。

まず何故このテーマにしようと思ったのか。
という事について少しお話しします。

先日、ある本と出会いました。
心屋仁之助さんという方の、
(面白いペンネームですよね)

「好きなことだけして生きていく。」
という本です。

非常に魅力的なタイトルですよね。
内容も、タイトルの通りです。

詳しく内容を知りたいという方は、
是非手にとって読んでみてくださいね。


それで、今回はこの本からの学びのシェアです。
(好評であれば、連載として何回かやります)

今回はこの本の序盤の部分に関して。
「頑張ること」について。
「努力」についてです。


突然ですがあなたは、
努力をして、何かを成し遂げた!
という経験はあるでしょうか?

考えてみてください。

おそらく、いくつか挙がると思います。
そりゃ、そうですよね。


では逆に、
すごく頑張ったのに、
報われなかった。

という経験はありませんか?

おそらく、何かしらあると思います。
多分こちらの方が多いですよね。


はい。
努力=報われる

の式が成り立たない事は、
あなたの人生が証明してくれました。

だって、そうならないことが過去にあった
(むしろそちらの方が多い)
という事は、この式は成り立たないって事です。

少しガッカリもしれません。
けど、これが真実なんです。


もう少し詳しく話をしましょう。

確かに、努力が報われる事もあります。
けど、報われない事もある。
そして多分、こちらの方が多い。

報われる時はいいです。
けど報われない時は、
「こんなに努力したのに」
と不満が残ってしまう。

この不満が自分の自身をなくしたり、
周りに怒りをぶつけたり、
人生をつまらなくする為の悪さをするのです。

そしてあなたは思うでしょう。
「所詮人生なんて、こんなもんだ」と。

そう思わせているのは、
努力=報われる
とあなたを信じ込ませている世間なんです。

もっと言うと、
そう教えてきた先生や両親、
それを信じて期待するあなたの心ですね。

あなたがそのように洗脳をされた結果、
現実に絶望し、
夢も希望も諦めてしまうわけです。

僕もそうでした。
頑張れば報われると思っていたから。

けど本当は、そうではなくむしろ逆だったんです。

そもそもどうして私たちは頑張ってしまうのか。

それは、他人に認めてもらう為です。
自分に自信がないから、
他人に褒められたり、認められる事で、
自分の存在を確認するんですね。

自分の自分に対する評価がとても低いので、
他人からの評価を求めるわけです。

しかしその他人からの承認というのは、
未来永劫続くわけではありません。

いずれ消えゆく運命にあるのです。
ならば、どうするか。

また、頑張るんです。
頑張り続けることで、
他人からの評価を受け続けようとする。

止まってしまったら、
自分の存在が消えてしまいそうで。

自分が、自分に対して最高の評価をしていれば、
他人からの評価を気にする必要はありません。

努力なんてせずとも、
当然に自分を最高に評価しているわけですから。

けど、昔の僕は違いました。
おそらくあなたもそうだと思います。

自己評価が低いので、
他人からの評価を上げる為、
頑張り続ける。

辛くても、
それしかないから、頑張る。


分かりますよね。
これってやり続けていると、
自分が壊れてしまうんですよ。

努力が報われないから、
人を恨んだり、怒鳴りちらしたり。

他人に向いているうちはまだいいかもしれません。

この負のスパイラルの原因は、
低い自己評価にあります。

当然ですがこの状態が続けば、
自らを傷つけるようになってきます。

ここまでくれば、立派な病気です。笑

僕もここまでいきました。

何度も自殺しようとしました。
何も出来ない自分が最高に嫌だったから。

でも本当は違うんです。

あなたは生きているだけで、
最高の価値があるんですよ。
 

考えてもみてください。

あなたの両親が偶然出会い、
偶然にもその日その時に行為をして、
偶然にもあなたが生まれた。

数億個の精子のうち、
あなたになれたのは、
たった1つなんです。

隣の精子では、
全く別の人が生まれてきてしまうんです。

あなたのお母さんが妊娠後に、
無事にあなたを産めなかった可能性もあるわけです。

あなたのお母さんは、
別の男性と結婚した可能性もあるわけです。

あなたのお父さんは、
子どもを産めない病気だった可能性もあります。

こんなのいちいち挙げていたら、
キリがありません。


あなたは、それこそ天文学的確率で生まれた存在。
唯一無二のあなた。

そう、あなたは生きているだけで、
最高の価値があるんです。

あなたは、最高なんです。
そろそろ、自分を許してみませんか?

友達に悪口を言ってしまった自分。
遅刻をしてしまった自分。
大会で1回戦負けをしてしまった自分。
大学受験に失敗してしまった自分。
仕事がうまくいかない自分。

大丈夫です。
他人の評価なんか気にしなくていい。

「私は、最高だ」

とあなた自身が自分を認めてあげればいい。
他人の評価なんて関係ないです。


そもそも人の価値に差なんかありませんから。


酸素63%
炭素20%
水素10%
窒素3%
その他無機質が4%。


これ何だと思います?


人体の構成要素です。


多少の誤差はあるにしても、
人間は皆同じ構成要素で出来ているわけです。

当然ですよね。

中身が違ったら、
それは別の生物ですから。

イチローも、
安倍首相も、
マイケル・ジャクソンも、
ホリエモンも、
木村拓哉も、実は皆同じ価値なんです。

同じ「ヒト」同士なんですから、
価値に差があるわけありませんよね。

あの人はすごい、自分はダメ。
ではありませんよ。

その人の価値は他人が決めるのではありません。
あなた自信が決めるのです。

あの人もすごい、自分もすごい。

これがあなたが常に意識すべき事です。
あなたは、無条件に自分を自信を持っていいんです。

どうですか?
少しは気持ちが楽になりましたか?


長くなりましたので、
今回はこの辺にしておきたいと思います。

好評であれば、シリーズ化しようかなー
と思っていますので、
いいね!、コメント、読者登録。
いつでもお待ちしておりますよー!

近いうちにまた更新しますね。
それでは、また、次回です。


by 宮﨑


マクロミル

BUMPの天体観測から学ぶ、人生を楽しく生きるコツ




こんにちは。宮﨑です。
今日は音楽からある学びを得ましたので、それについて書いていきたいと思います。

僕が大好きな曲、
BUMP OF CHICKEN の「天体観測」です。

「天体観測」は、BUMP OF CHICKENの最も有名な曲として、カラオケでも良く歌われる曲ですが、
この曲も深く考察してみると、非常に興味深い発見があります。

この曲は、前回の僕の書いた記事と、
非常に似た結論になっている事に気づいたんです。
→前回の記事はこちら


天体観測といえば、
フジテレビ系列で放送された同題のテレビドラマの挿入歌としても有名です。
そういう使われ方をしていたのもあって、この曲は「天体観測」をひとつの例にとった、若い男女の恋愛ソングと捉えている方が多いと思います。

確かに、実際私もかなり最近までそう思っていましたし、ボーカルの藤原さんも、解釈は人それぞれあっていいとおっしゃっています。つまり「天体観測」は男女の恋物語でも正解なのですが、

しかし、より深く考察してみると、
表面上は男女2人の話に感じますが、
実はこれは、ある3人の物語ではないか?
ということに気づきます。

「え?どういう事?どう考えても2人でしょ?」
そう思う方もいるでしょう。

もちろん、AさんBさんCさんの3人というわけではありません。この曲は、1人の話でもあるし、3人の話でもあると思うのです。
よく分からなくなってきましたね笑

つまり、究極的にはある1人の話なのですが、
(それは藤くんでもいいですし、僕でもあなたでも誰でもいいのですが、ここでは「自分」という表現にしておきます。)
色んな時間軸から見た自分、というのが1つの解釈としての答えです。
すなわち、①過去の自分、②現在の自分、③未来の自分、の3人です。

1人の話なんだけど、3人の話だというのはこういう事ですね。この結論だけ聞いた後、「天体観測」の歌詞を読んでみると、非常に多くの発見があり、すごく腑に落ちてきます。

それでは、歌詞を見ていきましょう。


--------------------------------------------

天体観測/BUMP OF CHIKEN 
作詞作曲:藤原基央

午前二時 フミキリに 望遠鏡を担いでった
ベルトに結んだラジオ 雨は降らないらしい

二分後に君が来た 大袈裟な荷物しょって来た
始めようか天体観測 ほうき星を探して

深い闇に飲まれないように 精一杯だった
君の震える手を 握ろうとした あの日は

見えないモノを見ようとして 望遠鏡を覗き込んだ
静寂を切り裂いて いくつも声が生まれたよ
明日が僕らを呼んだって 返事もろくにしなかった
「イマ」という ほうき星 君と二人追いかけていた

気が付けばいつだって ひたすら何か探している
幸せの定義とか 哀しみの置き場とか

生まれたら死ぬまで ずっと探している
さあ 始めようか 天体観測 ほうき星を探して

今まで見つけたモノは全部覚えている
君の震える手を 握れなかった痛みも

知らないモノを知ろうとして 望遠鏡を覗き込んだ
暗闇を照らす様な 微かな光 探したよ
そうして知った痛みを 未だに僕は覚えている
「イマ」という ほうき星 今も一人追いかけている

背が伸びるにつれて 伝えたい事も増えてった
宛名の無い手紙も 崩れる程 重なった

僕は元気でいるよ 心配事も少ないよ
ただひとつ 今も思い出すよ

予報外れの雨に打たれて 泣き出しそうな
君の震える手を 握れなかった あの日を

見えているモノを 見落として 望遠鏡をまた担いで
静寂と暗闇の帰り道を 駆け抜けた
そうして知った痛みが 未だに僕を支えている
「イマ」という ほうき星 今も一人追いかけている

もう一度君に会おうとして 望遠鏡をまた担いで
前と同じ 午前二時 フミキリまで駆けてくよ
始めようか 天体観測 二分後に君が来なくとも
「イマ」という ほうき星 君と二人追いかけている


---------------------------------------------

まず最初の部分ですけど、

なんで2分後なんだろう?って思いません?
山手線じゃないんだから!って感じですよね笑

僕は「2分後」ではなく、「二分後」である事に着目しました。
数字じゃなくて、漢字に着目するんです。
(にふんご)ではなく、(にぶんご)ということです。

つまり、この場合で言えば、2分という時間の経過によって、
自らが二分化され、2分前の自分と現在の自分に分かれた、と僕は解釈しています。

「大袈裟な荷物しょってきた」は、色んな過去のトラウマや後悔や栄光と捉えることができるかもしれませんし、この曲が発売された2000年頃にとっては、
もはや「ベルトに結んだラジオ」は過去の象徴かもしれません。

こういう風に考えると、
なんかワクワクしてきますよね。

「君の震えている手」は、過去の自分、あるいは現在の自分が、見えない未来に震えている様子でしょう。
ここの「君」は一緒に天体観測(自分探し、将来の自分探し)を一緒にしている友人と考える事も出来ますね。
とにかく、何か見えないものに怯えている、
という事です。

そして1番のサビの部分。

まず最初に注目するのは、最後の部分ですね。
「イマ」というほうき星、君と二人追いかけていた。

(イマ)という言葉が、カッコ書きにされているのが気になります。
カタカナにされているのも、特にそこを強調したい意思の表れでしょう。
イマというほうき星、ですから、
イマ=ほうき星 ということになります。

つまり、ほうき星を探す天体観測は、
本当は、イマの自分探しであるということです。

何か恐怖と戦いながら、希望や本当の自分を探そうとする行為を、藤くんは天体観測に例えているわけです。

「追いかけていた」という歌詞もポイントですよね。
二人追いかけていたのは過去の話で、
それは少しづつ変化していく事が読み取れます。

それでは、2番を見ていきましょう。
ここからは少し話が変わります。

ここは比較的理解しやすい部分だと思います。
幸せの定義とか哀しみの置き場とかを、
気がつけばいつだって、探している。

つまりこれも一種のここでいう、
「天体観測」だって事ですよね。
皆必死に何かを探していると。

「今まで見つけたモノは全部~」は、
今までの良かった事、苦しかった事、
様々な経験もしているし、後悔もある、
といった所でしょうか。

そして、2回目のサビです。
ここは、何か知らないモノや、
未来にあるかもしれない希望を追い続ける、
そんな自分の思いが出ている歌詞ですよね。

ただ、このサビの最後の部分。
ある変化がある事に気づきます。

1番では、「イマ」というほうき星を、
二人で追いかけていたのに、
2番では、一人で追いかけています。

この変化はなんでしょうか?
僕は、自分が過去を別の物(者)としてではなく、
自分自身として受け入れた、
という事だと思っています。

この2番では、ある程度「過去」
にフォーカスして詩が書かれています。

しかし、今「も」一人追いかけているのです。
今「も」、という所に注目です。
つまり天体観測(簡単に言うと自分探し)をしている事自体は以前と同じ。
ただ、過去を後悔したりするのではなく、
受け入れて精一杯「イマ」を生きようとする心情の変化だと思います。

この後も「過去」について描かれます。
「背が伸びるにつれて~」の部分ですが、
ここの部分いいですよね。

成長して、思春期を経て大人になっていく中で、
色んなしがらみとかを経験して、
この世の中に言いようのない閉塞感を覚える。

まさに、尾崎豊の世界ですよね。笑
「15の夜」みたいな、そんな独特の心情です。
誰もが経験するところではないでしょうか。

その後の部分も過去の後悔というか、
こんな事もあったなと回想する部分です。
そしてラストのサビに突入します。

過去には色々あったけれども、
知った痛み全てが、「僕を支えている」んです。
忘れるのでもなく、引きずるのでもなく、
それを受け入れようという事ですよね。
ここも繰り返し主張されている部分です。

「現在(イマ)」という視点が、過去への後悔や未来への不安によって
抜け落ちてしまう事があったけれども、
やっぱり原点に立ち返って「天体観測」をする。
→今を精一杯生きることに立ち返る。

「イマ」を全力で生きる。
結局僕らにはこれしかないのだと再確認していますね。
だから、「一人」で「イマ」を探しています。


そして、最後の部分。
自分は、「イマ」を生きるしかないと確認した上で、
今一度「天体観測」をしようとするわけです。

ただし、今度は「君」(過去の自分)がいません。
過去は振り返らない事にしたからですね。

ここで、この曲ラストにして最大の謎が出てきます。
本当に最後の部分。

《「イマ」という ほうき星 君と二人追いかけている》

ええええええええっ?
そこは一人じゃないの?
ってなったのは僕だけでしょうか。笑


ちなみにこの「天体観測」を仮に恋の歌だとしたとしても、ここで「二人」になるのはかなり不自然で違和感があります。


この部分がこの曲最大の謎であり、
それぞれの解釈があっていい部分だと思います。

「この部分に関しては、皆さんの解釈次第です!」
と言ってしまえばそれで終わりですが、
それではあんまりなので、
僕はどう解釈したかを書きます。

「過去の自分」という事はありえないと思いますね。
散々「過去」を受け入れる描写がありますし、
直前の締めは「一人」で追いかけていますから、ここでまた「過去の自分」と天体観測をするとは考えづらい。

当然、二人のうち一人は、現在の自分という事になります。この曲では終始現在の自分目線で歌詞が書かれていますので、ここは間違いないです。

すると、残りの一人は「過去の自分」でないとすると、
一体全体誰なのか。

繰り返しになりますが、ここはそれぞれの解釈で良いという事を前提にした上で、

僕は、「未来の自分」だと、そう考えています。

正直、ここは二人ってなってますけど、
難しく考えずに現在の自分が「イマ」を追いかけている。それでいいとは思うのですが、
「二人」となっている部分にあえて答えを出すとすると、
僕は「未来の自分」であると考えますね。

ここまでの経緯で「過去」は受け入れました。
過去は過ぎ去ったことであり、帰ることは出来ない。
良い意味で「考えない」ということですよね。
例)反省はするが、後悔はしない。

前回の記事でも書いたわけですが、
過去を振り返る事に意味はないのと同時に、
未来を恐れることに意味はありません。
→前回の記事はこちら

コントロールできるのは現在だけだからです。
先の事なんて、誰にも分からないですからね。

つまり、「未来の自分」なんていうものが、
先にある気がするけれど、
そんなものはない(分からない)んです。

だから、「イマ」を探している「現在の自分」のすぐ横に、「未来の自分」がいるわけです。

何か自分でコントロールできる「未来」というものが、
あるように感じるのは気のせいで、実際はない。

「あなたには未来がない」とかそういう意味ではなくて、何か希望のようなものがあるのだとしたら、

それは得体の知れない「未来の自分」にあるのではなく、「現在の自分」にあるという事。
(「現在の自分」は「未来の自分)を包含している!)

あるいは「未来の自分」というものこそ、
それはつまり「現在の自分」であるという事だと解釈しました。(「現在の自分」=「未来の自分」)

①「未来の自分」とは、「現在の自分」の一部。
(すぐ隣にいるor一緒にいるので、「二人」)
②「未来の自分」すら、それ即ち「現在の自分」。
(「現在」と「未来」の二面性を持つ「自分」は、「二人分」であるという事。)

という事が考えられます。
これが最後の「二人」の僕なりの解釈です。
まあ、つまり結局は「一人」って事なんですけどね。


「自分」を、「過去の自分」「未来の自分」とか、
色々分けてはみるけれど、
過去は変えられないし、未来は分からない。

3人だけど、結局は「現在の自分」しかない。
精一杯「イマ」を生きるしか、
自分にできる事はないって事です。

全力で「イマ」を生きるのが、
人生を最高にする唯一の方法だと、
藤くんは教えてくれているのだと思いますね。

ちなみに、
→前回の記事はこちら

さあ、これで前回の記事と同じ結論に達しました。
今を、現在を、精一杯頑張りましょう!
僕も楽しい人生を過ごすために頑張ります!
あなたも是非一緒に頑張りましょう!

それでは、今回はこの辺で。
また近いうちに更新したいと思います。

宮﨑


マクロミル
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ