宮崎つばめのネットビジネスで月収100万円。

宮﨑といいます。 ネットビジネスについて書いていきます。 主に情報販売、アフィリエイトについてです。 ネットを使って月収100万円を目指していくブログです。 心構え、手法を共に紹介します。 お金は欲しいけど、組織に縛られた働き方は嫌だし、家やカフェにいながら稼ぎたい!というそんなあなたに。 ※2013/09/08 時給5700円達成。

2014年02月

楽をしてお金を稼いではいけないのか?

こんにちは。
女子フィギュアの浅田真央選手が、
SP16位という衝撃的な結果に終わりましたね。

ともかく切り替えて、
フリ―は最善を尽くしてもらいたいですね。


今日のテーマはこちらです。
1.人生について
2.楽してお金を稼ぐために



1.人生について

僕らは一体どういった人生を歩んでいくべきなのか。
という事について今日は考えていきたいと思います。


もちろん人それぞれが、自分の幸せと思う人生に向かって
進んでいってもらえればと思うわけですが、

結局、一番幸せな人生って、
「自分がやりたい事をやって、生活に不自由しない人生」
なのではないかと思います。


「やりたい事をやる」「生活に不自由しない」の両立が出来れば、
本当に幸せで豊かな人生になると思うんですよね。

しかし、多くの人は、
・自分がやりたい事をやる
・生活に不自由しない
この2つが両立しないわけです。


それでは、
この2つを両立させる為にはどうすれば良いのか?


僕は次の2通りの方法を推奨しています。


その1:好きな事をやって、それを稼げる方向に持っていく。
その2:ネットビジネスでお金を稼ぎながら好きな事をやる。


仕組みさえ作れば、
ほとんど何もしなくていい状態になるわけですから。
毎日パソコンが勝手にお金を発生させてくれるので、
安心して自分の好きな事に没頭できますね。


今やっているビジネスが楽しいなら、
それを拡大していく方向で考えれば良いわけです。


会社が楽しい場合は・・・多分、拡大は無理ですね。
会社からもらえる給料なんて容易には上がりません。
自分が月1000万円生み出したとしても、
月収1000万にはならないのが会社の現実です。


なのでこの場合はその2を選んで下さい。
会社を楽しみながら、副業としてネットで稼げば良いのです。


僕の場合、今やってるビジネス自体が楽しい部類です。

とは言っても、作業時間はほとんど無いので、
毎日好きな事をしています。

1日中ネットをみたり、
漫画を読みまくったり、
突然旅行にいったり。

毎日のように、自由で楽しい生活を送っています。


当然ですが、仕事もしています。

稼いで自由なライフスタイルを多くの人に確立させることが、
僕の目標ですからね。


さて、あなたは、
・自分がやりたい事をやる
・生活に不自由しない
この2つを満足させれてますか?


もしどちらかが足りないと感じておられるのでしたら、
僕はネットビジネスを推奨します。


僕のメルマガ・ブログを今後読み続けて頂ければ
「ネットビジネスの楽しさ」は、
伝わるのではないかなと思います。


その後は、楽しく「稼ぐ」だけです。
これが出来たら本当に楽しいですからね。



2.楽してお金を稼ぐために

僕は現在学生なのですが、
僕ほど楽してお金を稼いでいた学生って多分ほぼいないと思います。

なんで僕がこんなに短期間で、短時間で稼げていたかと言うと、
徹底した効率化を図っているからです。
無駄な事を一切していません。


「楽して稼ぐ」っていうのは、決して悪い事ではありません。

「稼ぐ」≠「汗水たらして働いてお金を得る事」なのです。


ほとんど何もやってないのに、
色んな人に感謝されています。


さて、

僕は「効率化」をするにあたり、
特に重要だと考えているものが2つあります。


それは、
・レバレッジをかける事
・資産を増やす事
この2つを徹底して意識する事が非常に重要なのです。


例えば、僕は、まず簡単に稼ぎたいなら、
「自己アフィリエイト」をお勧めしています。

あれは僕がはじめてやったアフィリエイトで、
労力を使えば、確実に稼げます。


しかしながら、これは結局労働です。
だって、自分で作業をしないと、
報酬は発生しないわけですから。


勿論、「実績作りの1つとして」ならアリだとは思います。
ただ、「一生やっていく」ものではないですよね。


こういったビジネスって、
圧倒的に会社員よりは自由度は高いので、
なんとなく幸せな人生を送ってる様に見えますが、
やはり『労働』の域を脱していません。


労働がいやでネットビジネスを始めたのに、
また労働していては意味ないですよね。


ですから、
まだ生活するだけの収入を得ていないならいいのですが、
最終的には、労働から解放される事を目指して下さい。



次に、僕があなたに目差して欲しい事をお話します。


それは、
「自分自身からお金を生み出す事」
です。


何かを仕入れて売るのではなく、
自分の脳内から売るモノを仕入れるのです。


『脳内にあるものを売る』

この感覚を是非持って欲しいと思います。


ビジネスというのは価値の交換なわけです。


お金がほしければ、
お金よりも価値の高いものを脳内から仕入れて、
それを売れば良いわけです。


これからビジネスをしてお金持ちになりたいと本気で思うなら、
あなたに必要なものはたった2つです。


・知識
・知識を提供する媒体


知識って、非常に簡単に手に入るわけですよ。


例えば「ビジネスで稼ぐ方法」なら、
優良な教材を何冊か読めば、もう知識的にはバッチリです。


ひとたび知識さえ身に付けば、
そこからコンテンツは無限に生み出せる様になります。


じゃあ、それですぐ稼げるのかって言われたら、
残念ながらそういうわけでもありません。


もう1つ重要なのが、
「知識を提供する媒体」です。


ここで重要なのが、
「知識を直接お金に変える」というよりは、
「知識を価値として提供する」といった方が正しいですね。


価値を提供できたら、お金の稼ぎ方はいくらでもあります。


なので、これが出来れば、アフィリエイトは超簡単です。


つまり僕らは、
「知識(情報)をどうやって価値あるものとして届けるか」
が課題になってくるというわけです。


よく情報発信で稼ごうとしている人の中に、
何かの本で読んだ内容を毎回メルマガでただただ書いてる人がいます。


でも、果たしてそのメルマガは面白いか?と考えると、
たいていの場合、全然面白くない。


もっと分かりやすく言えば、漫画とかもそうですよね。
自分がすごく面白い、って思う漫画を、
自分で思い出しながらストーリーを再現してみて下さい。
ほとんど同じ話なのに、全く面白くないものが出来ると思います笑


つまり僕は、
「知識を価値に変える力」
というものの重要性を感じています。


ですから今後は、
「どうやったら自分の知識を、価値あるものとして提供できるのか?」
を常に考える様にして下さいね。


少しだけ話を大きく話し過ぎてしましました。
実は、知識自体が価値になるというわけではありません。
知識を価値あるものと「感じてもらう」が出しいですね。


それでは今回はこの辺で終わりです。
また次回。

宮崎つばめ

100分の1秒差の世界【ソチ五輪】

今日は比較的天気が安定していてよかったです。
降った雪もだいぶ減ったようですね。
宮崎です。

いやーソチ五輪初メダルなりませんでした。
加藤条治選手は5位、
長島圭一郎選手は6位でした。

もちろん素晴らしい成績なのですが、
メダルが予想されていただけに非常に残念です。

男子、女子ともにフィギュアに期待ですね。
プレッシャーも重いでしょうけど。

表彰台はなんとオランダ独占でした。
1,2,3と同じ国旗が並ぶのは素晴らしいことですよね。
他の国からしたら、悔しいでしょうが。


なんと注目すべきのは、
1位のミヘル・ムルダーが69.312
2位のヤン・スメーケンスが69.324

1回目、2回目の走りの合計が0.012秒差だという点ですね。
わずか、100分の1秒差なわけです。

けど、メダルは金と銀の差なんですね。

時間って不思議ですよね。
僕はもうこのブログを書き始めて5分以上経過していることを考えれば、
100分の1秒なんて何回数えられるかもわからないのに、
金と銀の差は100分の1秒差なんですね。

前回の記事にも通ずるものがありますが、(リンクで飛べます)

本当にその一瞬のために死ぬほど練習してきて、
僅か数秒で1位になったり、20位になったりする。

勝負の世界ですから当然ですが、
悔しいですよねえ。
本当に厳しく、残酷です。
けれども、何故か涙が出るほど、美しい。


どうしてでしょうね。

やっぱり全精力で力を注いでいるからでしょうね。
本気でやってるからですよね。

人は正直ですよ。
嘘はバレます。

本気じゃなきゃ、顔に出ます。
オーラから感じ取れます。
『魂』が入ってるか、入ってないかです。

僕も、そうなりたいと信じて、
日々努力しています。

『魂』をこめて、毎日コンテンツを作ります。
是非、またブログも遊びに来てくださいね。
メルマガも完成間近ですので、お楽しみに。

それでは、また次回です。

宮崎つばめ

この一瞬のための何千時間

こんにちは。
ソチ五輪盛り上がってますね。
メダル1号は誰になるんでしょう。

自分と同じく長野出身の上村愛子選手は、
惜しくも4位でしたが、素晴らしい成績です。
素直にありがとう、と言いたいですね。

日本選手団の頑張りに触発されて、
本日2つ目の記事投稿です。
影響されやすい典型的バカですね笑


今回は、TBSのソチ五輪中継に使われている、
SMAPのMoment、という曲の歌詞が非常にいいと思いましたので、
それについて書いてみようと思います。


この瞬間のための何千時間
強さって優しさ
今分かってきたよ 
この瞬間ののためになぜ時間
ついやしてきたのか
知りたいから


非常にいい歌詞ですよね。
ちなみに作詞・作曲は、サカナクションのボーカル
山口一郎さんが担当しています。


全くその通りだと思うんですよ。
僕が簡単に言えることではないかもしれませんが。

でもきっとオリンピックというのは本当に特別で、
あの一瞬の為に、メダルの為に、
死ぬほど練習をしてきているわけですよね。

世界中のプロ選手が表彰台を夢見て練習して、
メダルをとれるのは4年に3人のみ。

そこにはどれ程の価値があるのでしょうか。
それは恐らく目指した者にしか分からないのでしょう。

僕らに分かるのは、
そこにはとてつもない努力があるってことだけです。


そこから僕らが学びとれるのは、
彼らとは、やる種目が違うけれど、
僕らは僕らなりに超一流を目指して努力しなければ、
自己成長が止まってしまうってことです。

人間は現状に満足してしまったら、そこで終わりです。
現状維持をしようとしても、
実際には現状維持以下の結果に終わります。

現状維持ってのは、常に上を目指す人にしか出来ないんですよ。
何故なら、他人は常に努力しているからです。
技術は常に進歩し続けているからです。

自分だけ安全地帯にいようとしたって、
周りがそんな事させてくれないんですよ。

変化することは辛いことだけじゃないです。
新しい世界が見えてくるって、ワクワクしませんか?

常に成長を求めて、全力投球で。
プロのスポーツ選手だけじゃないですよ。

公務員だって、
営業マンだって、
投資家だって、
僕のような情報発信者だって、同じです。


最高の結果を求めて、努力する。
これが自分を高め、幸福になるための唯一の道です。


僕は情報発信者として、

何時間もかけたメール、
何時間もかけたブログ記事、
何十時間もかけたセールスレター、
何日もかけて作った情報商材、
何か月もかけて育てたぶろぐ、
何年もかけて鍛えたビジネス脳・・・。

努力しなきゃいけないことは沢山あります。
でも、絶対にやります。

あなたに少しでもいい情報を届けるために頑張ります。
是非、一緒に頑張りましょう。


今回はこの辺にしておきます。
最後にMomentの歌詞を書いておきますね。
また次回です。

宮崎つばめ



Moment/SMAP

握りしめてきた手を 僕は見てた
振り返るのはまだ 先でもいいけど

履き潰してきた靴を 並べては
歩き続けてきた距離を思った

時に悩み 時に憂い
時に寂しい自分に嘘もついてきたけれど

この一瞬のための何千時間
強さって優しさ 今分かってきたよ
この瞬間のためになぜ時間
ついやしてきたのか 知りたいから

すれ違う人の群れ 僕は見てた
振り返るのはほら あとにしよう

汚れてしまったシャツもそのままで
歩き続けるような強さが欲しい

すぐに迷い すぐに嘆き
すぐに疲れたふりして
嘘もついてきたけれど

この一瞬にために何千時間
壁は自分だった 今分かったこと
この一瞬のために失ったことも多いけど
確かめたくて

この一瞬にために何千時間
強さって優しさ 今分かったけど
この一瞬のためになぜ時間
ついやしてきたのか 今分かったよ

この一瞬のためだけじゃないんだ
続きはまだあるんだ 探してたこと
この先で見つけられるかな
その一瞬のために歩き続ける

この瞬間

ビジネスで成功するには、ビジネスを理解すること。

昨晩は全国で大雪だったようですね。
大丈夫でしたか?

宮崎つばめです。

さて、
ビジネスで成功するには、
ビジネスを理解する必要がありますよね。

ごく自然な考え方です。

例えば弁護士が弁護士として働くためには、
法律の成り立ち、仕組み、内容、使い方を知らなければ、
話になりませんよね?


ということで、今日のテーマは、
1.ビジネスが成り立つ条件
2.ビジネスで成功できる人間
です。



1.ビジネスが成り立つ条件

『ネットでビジネスをする』ってカンタンにできそうなイメージですよね。
まあたしかに他のビジネスに比べたら明らかに簡単なんですが、
あくまで『ビジネス』なので、
なめてたら当然稼げません。

では今回は話を少し概念的なところで、

『ビジネスってそもそも何なの?』
というテーマについてお話します。


ビジネスが成り立つ唯一の条件は、
『お互いが得をしている事』なんですね。

どちらかが損をしていたら、
それは詐欺だと僕は考えています。


何故お互いが得をするなんて状態が作れるかと言うと、
それはお互いの"価値感"が違うからです。


100円で缶コーヒーを買うにしても、
買う側はコーヒーに100円以上の価値を感じているから買うし、
逆に店は仕入れ値が100円以下だから売っているのです。


両者が、「より価値の高いと思うもの」と交換するわけですから、
両方得している状態が作れますよね。

いわゆるWin-Winという状況です。


お金ってのは価値を具体化したものであり、
また価値の基準として使われているだけなのです。


じゃあ僕らがしなければなならない事は、


「相手に払ってもらうお金以上の価値を提供する事」です。


これには2つ方法があります。
まずは提供するコンテンツの質自体をあげる事。
もう1つは顧客の中でその商品の価値を高めてやる事です。


当然どちらも重要なんですが、後者が特に重要です。

もちろんコンテンツの質なんてのは大事なんですよ。
ラーメン屋のラーメンが美味しくなかったら論外ですからね笑

美味しくないラーメン屋はつぶれる。
これは誰でも分かります。
けれども、すごく美味しいラーメン屋なのに、
客が入らずつぶれてしまった。

これが後者の部分が出来てないパターンですよね。


『いくら払ってでも欲しい!』って思えるくらいなるまで
魅力を伝えれば良いわけです。
要するに、セールスするわけですね。

優れた営業マンは、このスキルに長けているし、
僕もこれに関しては沢山勉強してきましたし、今後も勉強し続けます。
これはいわゆる、「コピーライティング」ってやつです。


これを悪用すれば、
どんな詐欺まがいの商品だって売れてしまうワケですが、

当然嘘をついたりしてはダメだし、
買った後で「やっぱりやめとけば良かった」なんて
言われてしまってはいけません。

その瞬間でビジネスが成り立ったとしても、
それ以降続かない、長続きしないからです。


そうではなくて、
自分の提供するものは本当に自分が良いと思ったものであり、
かつコンテンツの魅力は最大限伝える事ができた時、
はじめてビジネスは大成功するわけです。


『コンテンツ』と書きましたが、
別にあなたの提供するものは何か形として存在する必要はありません。
『情報』という形で提供しても良いわけです。


これがネットビジネスの最大の特徴であり、
パソコン1つで年収数億円を生み出す人が存在してしまう理由なのです。


年収数億って、恐らく普通に生きていたらとても届きません。
誰でも知っているような大企業の社長でも、
億なんていってないわけです。


しかしネットビジネスの場合、
これが成り立つのです。
『てこの原理』すなわち『レバレッジ』が効くからですね。


『情報コンテンツ』ってのは、いくらでもコピーが可能です。
CDやDVDがその良い例ですよね。
そういったコンテンツは、一度作ってしまえばいくらでもコピーが出来るので、
あとは見込み客を倍にするだけで、売り上げは倍になるのです。


それによって、通常、大企業の社長クラスの人間が稼ぐ金額を、
はるかに上回る金額を、一度苦労すれば、
その後はほとんど何もせずとも稼いでしまうのです。


僕の夢は、富と自由な時間を手に入れて、
自分のカラオケ店を作る。
自分のスタジオを作る。
自分のラジオ局を作って、パーソナリティになる。
自分のCDを発売したい。


絶対楽しいと思いませんか?

その為にネットビジネスに取り組み、
少しずつ稼げるようになってきました。

情報を売るという感覚はあまりピンとこないかもしれませんが、
今後は当たり前になってくると予想しています。

これからは情報を売り買いする時代です。
CDは減り、音楽がどんどん電子化されてきている事はご存知だと思いますが、
これからは「コンテンツはどんどん電子化されていく」のです。


つまり、「ネット上で物を売る」という事が出来る人間は、
これからの情報化社会では勝ち組と言えます。



ここまで読んだら、
あなたは「僕にも高い商品を売りつけられるんだろう」
思ったかもしれません。
そういう経験がある方もいることと思います。


けれども、僕にはそんな事どうでもいいんです。
確かに売りたい時には売ります。僕もそれが仕事なので。
でも別に買ってくれなくてもいいです。

先程も言った通り、
お互いが得をしている状態でなければ、
ビジネスと言えませんので。

僕はメルマガ等を通して様々な有益な情報をシェアして、
個人で稼げる様になって、自由を獲得してもらいたいと思っています。

ですから、最高水準の情報を提供するつもりです。


その後、もし僕が何かを売った時に買うかどうかは自由です。
そのうち、「お金なんてどうでもいい」って思える様になってきますよ。

僕は本当に価値があると感じたら、
何万円の商材でも買いますし、
行きたいセミナーがあったらいくらでも参加します。


1000円だろうが、100万円だろうが、
それ自体に価値があると感じたら払います。
値段は関係ないんですね。


これが、「お金から解放された状態」なのです。


僕は、僕のメール・ブログを毎回読んで下さってるだけで、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

「後で何か買ってほしい」みたいな事は絶対に無いので、
安心してくださいね。

それよりも、
「自分がこの世界で成功する為に必要な事・モノ」
を真剣に考えて下さい。


その中で何か必要だと思えば、買えば良いです。
人生を変えるためには、自己投資はどんどんしていくべきです。
とにかく、僕のメルマガ・ブログを読んでいる以上、絶対この世界で成功して欲しいです。
諦めずについて来て下さい。

さて、続いて「ビジネスで成功できる人間」というテーマでお話します。



2.ビジネスで成功できる人間

ネットビジネスで成功できる人って、
どんな人間でしょうか?


基本的に、ちゃんと勉強して、ちゃんと実践できている人は、
ほぼ例外無く、ある程度稼げる様にはなっていますが、
成長速度はばらばらです。

しかし、何か月もやっているのに、
まともに食っていくお金すら稼げていない人も沢山います。


一体違いは何なのでしょうか?

僕が色んな人を見てきた経験上、
稼げない原因の第一位は「モチベーションが続かない」という事です。

人間って、そんなにモチベーションが続く生き物ではありません。
学校や会社で、
「課題やれ」「テスト勉強しろ」
「遅刻するな」「働け」「明日のプレゼン準備しろ」
こんな事を言ってくれる人はいません。


自分がやらなくたって誰も文句を言わないので、
なかなか続かないという人が多いと思います。


僕からしたら、
「たった数か月頑張るだけで人生全く変わるのに、勿体無い」
って思うのですが。


今の生活がずっと続くという謎の安心感を持って、
漫然と日々を過ごしている人が沢山います。
これは本当に恐ろしい事だと思いますね。


そんな中で、モチベーションを保つ方法が1つあります。
「宣言する事」です。


結局はやらなくても誰にも何も思われないから、続かないんです。
それならいっその事、言ってしまえばいいのです。

家族でもいいし、友達でもいいし、恋人でもいいし、
言ってみたら良いのです。


多分、笑われると思います笑


僕も笑われました。
真剣に夢を語ったのに、
「国立大まで出て、なんでそんなリスクのある事すんだよ」
「失敗するに決まってる、やめとけ」
などと言われました。

まあ世間のネットビジネスに対する認識は、
そんなもんだと思っていましたが。


ショックでしたが、、
「社長になって、金持ちになってやる!」
と宣言しました。


だから、周りの人に宣言してみて下さい。

どうしても誰かに言うのは恥ずかしい場合は、
僕にメルマガに登録して、そこからメールを送って宣言して下さい。


ちゃんと全部読むし、出来る限り返信します。
どうぞ安心してメールをください。


こうゆうのを読んで、すぐに行動に移せる方は
ビジネスで成功出来る可能性は高いです。


ビジネスで成功するためには、
・行動力がある
・投資意識が高い
この2つが必須条件です。


また、もう1つ、モチベーションが落ちる原因があります。
それは、「自分の期待に反した結果が出る事」です。


たまに、
「Facebookでオプトインアフィリエイトをしても、
報酬が全然でなくてやる気が無くなってきました。」
みたいなメールを頂く事があります。


その方はSNS内の友人が少ないのか、
プロフィールが悪いのか、コミュニケーションが取れてないのか、
様々な理由はあるかと思いますが、

稼げないからやる気がなくなる、というのはやめましょう。


そんなに人生は簡単にうまくいくもんではないですから。
成功者はみんな、試行錯誤して、失敗を繰り返して、
やっとの思いで成功していってるのです。


ですから、はじめは「稼ぐ事」を目的にしてはいけません。


それでは何を目的にするべきなのかと言うと、
「データをとる事」です。


「この友人数でこんな投稿をしたけど報酬が出なかった」
・・・というデータが取れた、と捉える。


「この投稿をしたら報酬が出た」
・・・というデータが取れた、と捉える。



稼げる、稼げないはどうでもいいんです。
データをとっていく事が重要なわけです。

事実に一喜一憂するのではなく、
1つひとつ貴重なデータと捉えて、蓄積していくことが重要なんですね。


そうすれば、「失敗」という概念がそもそも無くなります。
稼げなくたって、こういう事すればこういう結果が出るのか、
というのがなんとなくつかめてきます。


今までとった大量のデータと、
それを実現させる媒体力があれば、

どの方法でどの位やれば、どれ位の結果になるか。
これが把握でき、コントロールできるようになるんです。

稼ぐことを求め過ぎてはいけません。
十分なデータが取れて、はじめて「稼ぐ事」を目標にすれば良いのです。


もし今からネットビジネスを取り組まれるのであれば、
まだ経験・媒体ともに無い状態なわけですから、
まずは経験値を貯める事・自分の媒体を大きくしていく事、
この2つに力を入れて下さい。



今回はこの辺にしておきます。
また次回です。

宮崎つばめ

僕のいた時間 第6話感想

こんにちは。
今日は今年一番の冷え込みだったみたいで、
大学の友人はお湯が出なかった人もいたみたいです笑

宮崎つばめです。

そて、今日は水曜夜10時からのドラマ、
「僕のいた時間」の第6話の感想です。

簡単に話を説明すると、主人公の拓人(三浦春馬)がALSという全身の筋肉が動かなくなっていく病気にかかり、厳しい現実に立ち向かいながらも必死に生きようとし、そこで彼女である恵(多部未華子)とどう関わっていくか、といった内容です。

今回の第6話は、いよいよ病気のことを友人に打ち明け、母親に打ち明ける、
といった内容でした。

病気は日々重くなり、来週からは車いす生活になるようですが、
少しずつ理解者を増やして、明るく生きていく、
というポジティブな面もみられます。

本来一番に伝えるべき恵には伝えられていないままですが。


このドラマの見どころは、
自分が大きな壁にぶつかり、
それに対して必死にもがく時に、

本当に大事な人に伝えるのか。
その大事な人はその事実を知った時、どうするのか。
2人はどう病気と向き合い、生きていくのか。

といったところだと思います。

来週からはついに一度は別れた恵が拓人の病気を知ってどうするのか。
観ていて辛い気持ちもありますが、楽しみです。

三浦春馬くんの演技もいいですしね。


話自体はすごくベタなんですけど、
本当に考えさせられる内容ですね。

裏番組の「明日、ママがいない」の方が注目度高いですが、
僕はあえて「僕のいた時間」です。


普段僕らは明日が当たり前のように感じているけれども、
明日病気になるかもしれない。
通り魔に刺されるかもしれない。
車に轢かれるかもしれない。


僕の祖父はある日突然、
携帯で電話をしていた18歳の女性に轢かれて亡くなりました。

人生何があるかわからないですよね。

僕は情報発信者として、
毎日、毎時間、悔いのないよう働きたい。
コンテンツを作って、価値を提供したい。

病気であるとか、健康とか、関係ないです。
僕らが今ここに生きているのは、
社会に価値を生み出すため。

価値を生み出して、自分の夢の実現に向けて邁進する。
死ぬ気でやるんですよ。

社会を豊かにする活動は、
きっとあなたの夢を叶え、
あなたを豊かにしてくれるはずです。

僕は情報発信者として有益な情報を発信し、
経済的・時間的自由人を増やしたい。
会社に依存しない人材を生み出すことが目標です。


どうしてそのようにするのかと言えば、
ネットビジネスによって稼いだ富で実現したい夢があるからに他なりません。

自分のカラオケ店を作る。
自分のスタジオを作る。
自分のラジオ局を作って、パーソナリティになる。
自分のCDを発売したい。


これが僕の夢です。
実現したらすごい楽しそうじゃないですか?


情報発信者として目的を達成する。
⇒その結果お金を稼ぐ。
⇒それを元手に自分の夢を実現する。

これが僕の成功の為のプロセスです。
絶対実現してみせます。


あなたも将来について、一度考えてみてはいかがでしょうか。
それが今日ドラマを観て強く思ったことであります。




「あなたの夢はなんですか?」



宮崎つばめ
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ