宮崎つばめのネットビジネスで月収100万円。

宮﨑といいます。 ネットビジネスについて書いていきます。 主に情報販売、アフィリエイトについてです。 ネットを使って月収100万円を目指していくブログです。 心構え、手法を共に紹介します。 お金は欲しいけど、組織に縛られた働き方は嫌だし、家やカフェにいながら稼ぎたい!というそんなあなたに。 ※2013/09/08 時給5700円達成。

スワローズ

江村は罪を犯したのか?

こんにちは。
宮崎燕です。

今回は少し角度を変えて、
江村と前田智徳のあの一件について書きたいと思います。

事件は4月23日。
神宮でのヤクルト対広島の試合で起きました。
8回表、得点は1-1、ランナーは1,2塁。

投手はルーキー江村、打者は代打の神様である前田。
ノーストライクワンボールから、
前田の手首近辺に厳しいボール。

前田が避けつつもファールになります。
(なってしまったというような形ですが)

確かに内側は内側に構えていたのですが、
手元が狂ったような形になりました。

その後カウントは2ボール2ストライク。

そして運命の6球目。

キャッチャー中村は内に構えています。
内角を狙った江村の球は前田の左手首に。

抜けたのが137kmの直球ですから、
相当痛かったでしょうし、
二度目ですから怒りもこみあげてきたでしょう。

珍しく前田が声を荒げてマウンドに向かい、
両チームの選手が出てくる事態に。

これは乱闘になるかな、
と実は現地で見ていた僕は少し興奮してしまいました。

その時はもちろん骨折しているとは知りませんでしたが。
今では反省しています。

広島の古澤憲司投手コーチがヤクルト・荒木大輔投手コーチが取っ組み合いになり、
球場は一時騒然となりました。

古澤コーチは荒木コーチを小突いたとして、退場処分。

結局前田選手は左手首を骨折。
翌日江村は謝罪に直接行ったそうです。

もちろんわざと当てたわけではありませんし、
江村は広島出身で、カープも子どもの頃からファンだったとのこと。

ある程度のブーイングは仕方ないにしても、
8月になってもまだブーイングがあるというのは、
ヤクルトファンとしても、一野球ファンとしても非常に残念です。

彼のやったことはよいことではないです。
それは分かっています。

しかしそれは勝負にいっている中で起こったことであって、
別に彼は罪をおかしたわけではありません。

そろそろ許してあげてもいいかな、
という気持ちですね。

広島出身ということを考えても、
本人はつらいだろうな、と思います。

もちろん広島ファンも必死で戦っているわけですから、
怒る気持ちも、ものすごくよく分かります。

怪我の恐さはどのチームのファンより分かっていますからね。

こんなこと言うのも変ですが、

前田選手が復帰して、また江村と対戦する日が来たら、
広島ファンの皆さんも少しずつ許してくれるのではないかな、
と思っています。

また、2人が対戦する日を信じて。

頑張れ江村選手。

頑張れ前田選手。




宮崎 燕


-------------------------------------------------------
宮崎燕のヤクルト応援便!

(宮崎燕) 
twitter: https://twitter.com/yakuruto0923 (yakuruto0923)
--------------------------------------------------------

メルマガ購読・解除
 


価値ある勝利。

こんにちは。
各地で豪雨が続いているようですが、大丈夫でしたか?
宮崎燕です。


今日は、

【今日の試合振り返り】
【明日以降の展望】

について書きたいと思います。



【今日の試合振り返り】

さて、今日の試合ですが、
ヤクルトの先発はやや不安もある古野。
中日の先発は今年は比較的安定している中田。

7月3日のDeNA戦に古野は今季唯一先発がありましたが、3回しか持っていません。
しかし期待の選手であることは間違いないです。

中日は5連勝で、ヤクルトは前のカードで苦しい負け越しという状況。
どう考えても中日有利の雰囲気です。

中日とヤクルトの対戦成績は6勝6敗。
ちょうどひと月前のナゴヤドーム3連戦ではヤクルトが勝ち越していますが、
状況は全く違います。
今回はどうでしょうか。

それでは結果ですが、



ヤ 000 001 000 |1
中 000 000 00X |0

勝:古野(1勝0敗0S)
負:中田(4勝4敗0S)
セーブ:バーネット(0勝6敗6S)

本塁打
ヤ:なし
中:なし

古野の嬉しい嬉しい初勝利です。
本当に本人にとってもチームにとっても大きい。

畠山はスタメン落ちしました。
おそらく不調からかなと思います。

ミレッジは大丈夫のようで、5番に入りました。

初回は両投手お互いにきっちり立ち上がります。

最初のチャンスは両チーム共2回。
2回表は1アウトから森岡が2ベース。
本当に好調ですね。

打者は武内。
しかし二セカンドゴロで2アウト3塁。
続く中村も遊ゴロで凡退。
チャンスを逃します。

2回裏の先頭ルナがいきなり2ベース。
本当に怖いバッターが戻ってきました。

古野やや気持ちが逃げになっていたでしょうか。
ストライクを入れるのに苦しみ結局フォアボール。

しかし、ここで古野が踏ん張りました。

平田を見事ゲッツーに打ちとります。
続く高橋周平を三振に打ち取りピンチを脱します。

3回裏も再びピンチ。
ピッチャー中田にまさかのヒット、さらに上田の悪送球。
大島はフライに打ち取って2アウトとしますが続く森野にヒット。

ピンチでしたがここは踏ん張った古野。
恐いクラークを遊ゴロに打ち取ります。



4回表は先頭川端が四球。
チャンスを作ります。

次はバレンティン。
バッティングカウントになりますが、キャッチャーフライ。
続くミレッジも外野フライ。

そして好調森岡に期待がかかります。
しかし、
変化球を打たされて3アウトチェンジ。

うーん。
先頭が出たチャンスを活かせないのは非常に残念ですね。

5回表に再びスワローズにチャンスが訪れます。
先頭武内がライト線に痛烈な当たりで2ベース。
続く中村が右打ちで1アウト3塁。

古野も頑張りますが三振。
次の山田に期待がかかります。

しかしサードゴロ。
またもやチャンスを逃してしまいます。

古野は中盤非常によくなってきます。
4,5回を完璧に抑える内容。
苦しいヤクルトにとっては朗報ですね。

6回表、またもや先頭上田がヒットで出塁。
続く慎吾が打って1,3塁に。上田もナイスランでした。

しかし今日はバレンティンが打ちたい打ちたい君でした。
最後はボール球を振って三振。

続くミレッジが死球をもらって1アウト満塁となります。

ここで森岡。
貴重な貴重な外野フライ。
ついに均衡が破れました。

1-0とします。

その後は追加点をとれずチェンジ。

続く6回裏。
点数をもらった古野はどうでしょうか。

先頭大島は打ちとりますが、
好調森野にヒット、好調クラークに死球で
1アウト1,2塁となります。

そして本日3回目のルナ。
あわやゲッツーというところでしたが、
1塁セーフで、2アウト1,3塁となります。

打者は和田。
2ボールとなり敬遠気味のフォアボール。

平田勝負となりますが、
ボール先行の2ボール0ストライク。

しかし最後は平田が遊ゴロとなり、
ピンチを切り抜けます。

古野は非常にいいですね。
やはりゴロを打たせられるピッチャーは安心して観ていられます。

さて7回表ですが、代打が出ると思いましたが、
古野そのまま打席に立ちます。
ピンチを切り抜けた後でしたが、三者凡退。

7回裏は古野が続投、
と思いきや古野がいきなりベンチに下がり、山本に交代。
足がつったとのことでしたが、大事に至らず一安心です。

売り出し中の高橋周平はレフトフライに打ち取りますが、
松井に2ベースを打たれてピンチ。

次の打順は投手中田ですが、代打藤井。
さあ踏ん張れるか山本。

藤井はフォークで三振。
ここで小川監督は久古にスイッチ。

久古本当に調子いいですね。
大島を三振でナイスリリーフ。

ちなみにドアラは安全策なパフォーマンスでした笑
地方球場ですしね。

8回表は中日の投手が岡田に。
上田、川端とセカンドゴロ、バレはセンターフライに打ち取ります。
いいピッチングしますね、岡田。

8回裏も久古続投。
非常に調子いいですね。

森野も三振。

久古は次のクラークまでかなと思ったら、
ここでスイッチして石山。

クラークは左投手に分がいいということも考えてなんでしょうか。

結果はインローに素晴らしいストレートで三振。
2アウトとします。

そして次は恐い恐いルナ。
うまーくセンター前に打たれます。

どんだけ打つんだこいつ笑

しかし続く和田はセンターフライ。
本当に石山、山本と若手が頑張ってくれてます。
久古の復活も本当にありがたい。

小川も含めていなかったらどうなっていたことか。

そして勝負は最終回へ。

9回表のヤクルト。
先頭ミレッジが倒れますが、
森岡がライト前へ。本当に好調です。

武内が送って2アウト2。
バーネットへ得点のプレゼントをしたかったところですが、
中村はピッチャーゴロ。惜しくもチェンジ。

そして9回裏はバーネット。
最近は調子がいいようですが、どうでしょうか。

先頭平田にヒット。
うーん球が高かったです。
また先頭を出すという苦しい展開です。

そして続く高橋周平。
ここは踏ん張りました。

上手くゴロを打たせて、ゲッツー。
2アウトランナーなしとなります。
そして松井を遊ゴロでゲームセット。

無事抑えました。
結果から言えば救援陣がいい働きをして、
締まった試合となりました。

久しぶりにこういう試合を観ましたね。
非常に嬉しい勝利です。

明日はきっちり打って、
しっかり抑えて欲しいですね。

本当に応燕お疲れさまでした。



【明日以降の展望】

明日、明後日も中日戦が続きます。
ナゴヤドームに場所を移して非常に重要な試合となります。

明日のヤクルト先発は八木、中日は西川です。
八木に今度こそ勝ち星をつけたいところですね。

是非打線には援護、
そして守備で足を引っ張ることの無いようにしてほしいです。

中日は売り出し中の西川。
打ち崩したいですね。

今日は比較的締まった試合になりました。

投手陣には継続して踏ん張ってもらって、
明日は打線の奮起にも期待です。

ここで離されるわけにはいけません。
CSを信じて一緒に応燕していきましょう!

感想・質問も常に受け付けていますよ。

返信は、
shimi276@gmail.com 
までお願いします。

それでは、また明日。

ブログもやっています!
お時間ありましたら、のぞいてみて下さい。

宮崎 燕


-------------------------------------------------------
宮崎燕のヤクルト応援便!

(宮崎燕) 
twitter: https://twitter.com/yakuruto0923 (yakuruto0923)
--------------------------------------------------------

メルマガ購読・解除
 


厳しい1週間

こんにちは。
世間は夏休み。僕も夏休みに突入しました。
夏バテ気味な宮崎燕です。

今日は、

【昨日の試合振り返り】
【今週の総括】
【来週の展望】

について書きたいと思います。


【昨日の試合振り返り】

さて、昨日の試合ですが、
ヤクルトの先発はロマン
広島は援護がやや少なめのバリントン。

ロマンは前回も5回持たなかっただけに、
勝負所でした。

それでは結果ですが、


広 200 140 020 |7
ヤ 002 010 010 |4

勝:バリントン(5勝9敗0S)
負:ロマン(2勝5敗1S)
セーブ:ミコライオ(2勝4敗17S)

本塁打
ヤ:バレンティン38号(5回裏ソロ)
広:松山7号(4回表ソロ)


悔しい悔しい敗戦でした。
何度もチャンスはあったんですが。

今日はちょっとアンラッキーな場面もありましたが、
畠山が足を引っ張る格好になってしまいました。

今日は終始ロマンは球が高かったように思います。

初回まず1番は打ちとりますが、
その後、菊池にヒット、丸に2ベースを打たれ、キラには死球。
1アウト満塁。

打者はアンパンマンこと松山。
あわやホームランというフェンス直撃の2ベースを放ち、2-0。

早くも今日も負けか…。
というムードに。

しかし後続のルイスをなんとか遊フライで打ち取り、
ランナー戻れずチェンジ。
ロマンは何とか命をつなぎとめました。

その裏簡単に2アウトとられますが、
川端がヒットで出て、バレンティンは敬遠気味の四球。

5番畠山。
今日は畠山がキープレイヤーでした。

遊ゴロで3アウトチェンジ。
反撃の芽が摘まれます。

その後2,3回はロマンが危なげなく抑えます。

ヤクルトの次のチャンスは2回裏でした。
好調森岡、山田が連打でノーアウト1,2塁のチャンス。

次がピッチャーなため監督はヒッティングを選択しましたが、
相川がインフィールドフライ。残念です。

続くロマンはバントを決めて2アウト2,3塁。
こういうのは大事ですね。

1番ミレッジに期待は掛かります。

しかし、ゴロでチェンジ。
そしてここでアクシデント発生。

自打球の打ちどころが悪かったでしょうか。
非常にミレッジは痛がって、ベンチに下がってしまします。

今のところ情報は入っていません。
大きな怪我でなければいいのですが。

続けて3回裏にもスワローズはチャンスを迎えます。
上田がシングルヒット、川端が2ベースで0アウト2,3塁。

バッターはバレンティン。
この場面はさすがに勝負です。

本当に好調のバレンティンはすごい。
2ベースで2点を入れ同点とします。

ここで一気に勝ち越しといきたいところでした。

こういうところが今年のヤクルトの勝ちきれないところなのでしょう。
畠山ピッチャーゴロ、森岡三振、山田が右飛。

たちまちアウトを重ねてチェンジ。
こういう所が課題。それは間違いないです。

4回表はまたまた松山に、
今度は高めの球をスタンドにもっていかれます。
ソロでよかった、というところでしょうか。

4回裏は全くチャンスなく終了。

運命の5回表です。
先頭はピッチャーのバリントン。

楽々1アウト、
のはずがまさかのセンター前ヒット。

たしかにつまってはいましたがこういうことはやはりあってはいけません。
不用意な投球でした。

やはりこういうところから流れは動きます。

続く木村のバントを捕った畠山が、
1塁へ送球しようとしたボールを木村の背中に当ててしまいます。
(走者がラインより内側に入っていて守備妨害に僕には見えましたが笑)

さらに流れは傾きます。
菊池はライトフライに打ち取りますが、
丸にヒットを打たれ1アウト満塁。

ここで投手交代となりました。
またもやロマンは試合を作ることができません。

代わって出てきたのは江村。

今日も江村には広島ファンからブーイングが。
たしかにやったことは許されることではないですが、
さすがにやりすぎではないですか?

心ない一部の広島ファンには絶対に負けてほしくない江村。
きつかったと思いますが、
キラをフライに打ち取って2アウトとします。

厳しい場面ですからね、
少しアウトを1つとって気の緩みもあったでしょうか。

続く松山にレフト前ヒット、
と思いきやショートがギリギリグラブに球を当てたがとれず思わぬ方向に逸れ、
レフトが球をとる頃にはフェンスまで球が転がっているという、
素晴らしいアンラッキー。

チームが不調だとツキもないですね。
記録は3ベースで松山はあとはシングルヒットでサイクルヒットという状態に。
(松山はこの後2回打席を迎えますが、7回の上田のナイスキャッチもあってサイクルヒットは阻止します。)

6-2で点差は4点となりました。
ここでピッチャーは増渕に。

しかしストライクがなかなか入らず、
ストライクを取りに行ったところをルイスにレフト前に運ばれます

点差は5点に。
こういうところがもったいないですよね。

アンラッキーなヒットで追加点を入れられたけど、
ピッチャーを変えてしっかり流れを切る。

それが増渕の役目だったはずですが、
何をやっているのか。

ビビってカウントを悪くして、
結局甘いところを打たれる。

いつもヤクルトリリーフ陣が繰り返す悪い癖を散々みているのに何故同じことを繰り返すのか。
僕には理解できません。
試合を決定づける1点をあっさりとあげてしまった形になりました

5回裏は早々に2アウトをとられます。
打者はバレンティン。

99%ホームラン狙いだろうと誰もが分かる場面で高めを余裕のホームラン。
ソロであることが悔やまれますが…。

本当に彼の記録が楽しみですし、
彼がいるからヤクルトはまだここで踏ん張れているな、
とそう感じさせてくれている一発でした。

6回表は先頭堂林にヒットされ、0アウト1塁。
次のバリントンはバントをしますが、

打球を捕った増渕がまさかの高さで2塁に悪送球。
(センター前ヒットのように着地しましたね笑)

こんどこそ1番木村がバントを決めて1アウト1,2塁。
ただアウトを一つもらえばいいのに何やってるんですかね、増渕は。

ここで左の久古に交代。
丸を三振、キラをゴロに打ち取ります。

この後を抑える藤田と共に、
これはヤクルトにとって非常にいい材料になったと思います。
2人ともそれほどいいピッチングでした。

反撃したいヤクルト。
6回裏は四球でランナー2人が出ますが、
武内が打ちとられチェンジ。

バリントンは6回3失点で勝ち投手の権利を得て降板します。

7,8回表は久しぶりの藤田太陽がナイスリリーフ。
1人もランナーを出さない完ぺきな内容でした。

そして8回裏。広島投手は代わって今村。
今村はコントロールが定まりません。
森岡、山田が四球で、相川がヒット。

ノーアウト満塁となります。
ここで野村監督たまらずピッチャー交代。
永川が出てきます。

結果から言えばこの交代が勝敗を分けました。

まず飯原をピッチャーゴロ。
そして武内を1ゴロに打ち取り、1点は入りますが2アウト。
上田を三振にとって3アウトチェンジ。

敵ながらナイスリリーフでした。
本当に悔しいですが。

9回表は3点ビハインドですが山本。
ヒットは打たれますがきっちり抑えます。
小川監督の執念も垣間見える采配でした。

そしてラストチャンスの9回裏。
ピッチャーはミコライオです。

さすがに球はめちゃくちゃ早いですね。
しかし好調慎吾はフォアボールを選びます。

そして続くバレもヒット。本当に好調のようです。

今日いいところないの畠山。
フルカウントとします。
が、低めの変化球を空振り。1アウトになります。

続く森岡、代打岩村も打つ気配なく三振。
ゲームセット。

畠山が働けず。
そんな試合内容になってしまいました。

絶対に負けられない広島3連戦でしたが、
結果は負け越し。
非常に厳しい状況になってきました。

本当にエラーは恐い。
そう感じさせる試合展開でもありました。
本当に気をつけてほしいと思います。

江村の件については、また別の機会にコメントしようと考えています。
とりあえず、今週も応燕お疲れ様でした。



【今週の総括】

3位との差を射程圏内に捉えるべく勝ち越しを狙った今週。
前半の巨人3連戦も絶対に勝ち越すんだという気合はみえましたが

結果は1勝5敗で借金を4つも増やしてしまいました。

はっきり言って崖っぷちというかもう半分落ちてる状態ですね。

ここからは相当の勢いで巻き返さないと苦しくなってきました。

勝ったのは小川の投げた試合だけ。
さすがにひどすぎます。

目立ったのは、
ビッグイニングを作れるチャンスがあるにもかかわらず無得点、
あるいは1,2点しかとれず、
直後に逆転を許したりビッグイニングを相手に作られるというケースです。

「ピンチはチャンス」という言葉がありますが、
やはり相手が戦意を失うほどのビッグイニングを作れなければ、
なかなか楽な試合展開にはなりません。
結果ピッチャーがのびのびと投げれていないように感じます。

あとはエラーの多さやバント失敗の多さ。
こういったことが確実にこなせないから今この位置にいるのだと思います。
練習等でしっかりと確認してほしいと思います。

これは今週に限った事ではありませんが、
やはり投手が先頭に四球を与えて、
そのまま得点につながるケースが非常に多い。
警戒も必要ですが、思い切りも必要でしょうね。


【来週の展望】

来週以降は、

8月6日(火) 対中日ドラゴンズ@浜松(18時~)
8月7日(水) 対中日ドラゴンズ@ナゴド(18時~)
8月8日(木) 対中日ドラゴンズ@ナゴド(18時~)
8月10日(土) 対DeNAベイスターズ@秋田(17時~)
8月11日(日) 対DeNAベイスターズ@秋田(17時~)

中日、横浜と非常に大事な試合が続きます。

来週負け越すと現実的に考えてCS絶望といった感じになってきますので、
本当に確実に3勝2敗、あるいは4勝1敗のペースでお願いしたいところです。

中日は5連勝で勢いもありますが、3位を叩く絶好のチャンスでもあります。

2年前の復讐を果たすべく最低勝ち越し、
出来れば3タテを決めていきたいですね。

来週のポイントは、

・石川、八木の奮起
・打線の頑張り(特に畠山、川端、相川or中村)
・エラーを減らせるか
・いかにいい状態でリリーフに交代できるか

だと思います。
注目してみてください。

負け越しが続いています。
次の中日戦は勝ち越したいですね。
少しでも借金を減らしていきたいです。

小川の横浜との初対戦も実現しそうですので楽しみです。

CS進出は苦しいですが、
可能性はあります。信じて応燕していきましょう!

感想・質問も常に受け付けています!

それでは、また明日。
----------------------------------------------------------------------------------
宮崎 燕

BLOG:http://blog.livedoor.jp/shimi276/
Facebook :https://www.facebook.com/profile.php?id=100005201105761
(宮﨑燕)
twitter:https://twitter.com/yakuruto0923
(yakuruto0923)
-----------------------------------------------------------------------------------


メルマガ購読・解除
 

 


小川は神様。

おはようございます。
2日間メルマガを発行できなくて申し訳ありませんでした。
発行者の宮崎燕です。

長岡花火大会という、日本三大花火のひとつに数えられるすごい花火大会に行っていました。
自分の中の花火大会の定義が変わるほど衝撃的ですよ。
おすすめです。僕は花火大会に行きましたが、一昨日は広島ファン、昨日はヤクルトファン大喜びの神宮花火大会のようですね。

さて、昨日の試合ですが、
ヤクルトの先発はもはやエースの小川。
広島は先発は中崎。

小川は広島から4勝0敗ですから、
打線の援護があればまずいけるだろうという気持ちでした。
1週間で唯一安心して試合が観ていられますね。

それでは結果ですが、


広 000 000 020 |2
ヤ 200 220 20X |8

勝:小川(12勝2敗0S)
負:中崎(2勝5敗0S)
セーブ:なし

本塁打
ヤ:バレンティン36号(5回裏2ラン)、バレンティン37号(7回裏2ラン)
広:なし

小川でなんとか連敗を止めましたね。
本当に彼には感謝しかないです。
彼だけしかいないのが問題なんですが笑

一昨日はひどい試合でしたが笑
ヒット自体は16本も出ていましたので、
昨日は普通に点をとれれば勝てる、といった感じでしたね。


初回は守備でバレンティンが魅せます。
2アウト1,2塁から松山にライト前に運ばれ、

1点とられたかと思いきやバレンティンが猛チャージしてきて、
キャッチャーへストライク送球。

ホームタッチアウト。いい守備でした。

これで気をよくしたのでしょうか、
ミレッジ、川端の安打で1アウト1,3塁の場面でバレンティンが鮮やかにレフト前にタイムリー。
見事先制します。

さらに畠山がセンター前にタイムリー。
続けて点をとることは非常に効果的ですね。

その後も2アウト満塁になりますが、ここは打ちとられてチェンジ。

2回表は先頭ルイスにツーベースを打たれますが、
後続を打ちとってゼロに抑えます。

2回裏、3回表、3回裏、4回裏と、
両投手三者凡退で危なげなく抑え、試合が落ち着いてきます。

しかしヤクルトにチャンス到来の4回裏。
先頭森岡がヒットで出塁します。
森岡は本当にいい働きしてますね。

山田がヒットし、1,2塁。
中村が送って1アウト2,3塁。
大きいバント成功だったと思います。

ツーアウトとしてミレッジの打席。
今日はミレッジに復調の気配がありました。

おっつけて1,2塁間を抜いて2点タイムリー。
大きい追加点が入ります。
4-0としました。

小川の迎えた最大のピンチは5回表。
石原にヒット、堂林と安部に四球で1アウト満塁。

ここからが小川の真骨頂でした。
ピンチでも崩れません。

菊池、丸と連続でストレートで三振。
ピンチを切り抜けます。

ピンチの後にはチャンスあり。
5回裏は川端が歩いて、打者はバレンティン。

すごい打球でした。
全然つまっていましたが、のびてスタンドイン。
6-0とします。

ギアが切り替わったのか小川。
6,7回は三振4つをとりながら危なげなく抑えます。

7回裏は再び先頭川端がヒットで出てバッターバレンティン。
これまたすごい打球でした。

弾丸ライナーであっという間にスタンドへ。
8-0として、勝負ありという感じでしたね。

唯一の失点は8回表。
1アウトから菊池にスリーベースを打たれます。
(菊池は長打があって嫌な感じですね)

その後丸のセカンドゴロの間に1点。
まあこれは仕方ないといったところでしょう。

そして2アウト走者なしからキラに2塁打、松山にタイムリー。
唯一残念な場面でしたが、疲れもあったでしょう、仕方ないです。

小川は8回までを2点で抑えてお役御免でした。
本当に、ありがとう。

9回裏はバーネットが登板。
やや心配でしたが、変化球も直球もキレキレ。

3者連続三振でゲームセット。
やはり調子はめちゃくちゃいいようですね。

彼にはキレずに頑張ってほしいものです笑

小川は広島戦5勝0敗で、
今シーズンはハーラートップ独走の12勝2敗。

自身7連勝で、新人王、最多勝もいけるのではないかという勢いです。
このまま調子を崩さずに最後まで走ってほしいですね。


さて本日の試合ですが。
ヤクルト先発はロマン、
広島はバリントン。

バリントンは一時期ほどの良さは感じませんし、
ロマンは前回5回までもたなかったものの巨人相手に堂々としたピッチングでした。
ロマンのバッティングにも注目です。

打線の奮起が一番重要でしょうね。
今日も頑張れ燕打線。

さあ、これで広島3連戦はイーブンになりました。

久しぶりのカード勝ち越しを狙いたいですね。

今日も借金返済す!

連敗ストップしました。
今日は連勝といきたいところですね。

CSを信じて一緒に応燕していきましょう!

感想・質問も常に受け付けていますよ。

返信は、
shimi276@gmail.com
までお願いします。

それでは、また明日。

宮崎 燕

メルマガ購読・解除
 
 


巨人3連戦終了。

おはようございます。
昨日から8月ですね。僕は大学最後の夏休みがやってきます。
発行者の宮崎燕です。

今日の内容は、

【昨日の試合振り返り】
【今後の展望】

でお送りしたいと思います。



【昨日の試合振り返り】

さて、昨日の試合ですが、
ヤクルトの先発は小さな大エース石川。
巨人は少ないチャンスをモノにしたい小山。

石川は前回非常にいいピッチングでしたし、
巨人相手には比較的安定して投げていましたので期待は大きかったです。

それでは結果ですが、


ヤ 000 023 000  |5
巨 011 030 001x |6

勝:西村(3勝3敗26S)
負:バーネット(0勝6敗5S)
セーブ:なし

本塁打
巨:阿部25号(5回裏2ラン)、村田13号(5回裏ソロ)
ヤ:畠山11号(5回表2ラン)、上田2号(6回表2ラン)、バレンティン35号(6回表ソロ)


非常に重い重い敗戦となりました。
1戦目、2戦目と逆転負けで落とし、正直苦しい3連敗中のヤクルトと、
5連勝で勢いに乗る巨人。

その差が終盤に出た。
そんな試合でしたね。

まず序盤ヤクルトは4回まで小山にパーフェクトに抑えられます。

たしかに小山はアウトローにいい真っすぐがきてましたが、それにしてもちょっとなー。
という感じでしたね。

石川も内容自体はいいのですが、
味方のまずい守備等もあって2,3回にそれぞれタイムリーを打たれ2-0。
(今日は本当に最後まで巨人のポテンヒット多かったです。天にも見放されたか…。)

しかし、5回表には畠山の2ランで同点に。

バレンティンが歩かされた後ですから非常に意味のある一発だったと思います。

ハタケは逆方向に強い打球が打てるのは本当に持ち味だと思います

しかし石川ここで流れを掴みきれない。
直後の5回裏に阿部に2ラン、村田にソロを許してしまいます。

バレのまずい守備もあったし、2ランまでは仕方ないのかな、と思いますが、
村田のソロは全力で防ぐべきでしたね。

昨日までの試合だったらここで終わっていましたが、
今日はくらいつくヤクルト。

石川に勝ちをつけさせたいという思いがあったんでしょう。
みんな何としてでも繋ぐんだ、という意識が見えました。

そこは非常によかったと思います。

山田が四球で出て、上田がホームランで5-4。
ミレッジ倒れてバレンティンのソロで同点。

上田調子いいですね。8月も続けてほしい。
バレンティンも量産体制に入ってきました。

6回裏は石川がきっちり抑えて、
さあラストチャンスで石川に勝ちをつけようという7回表。

先頭の森岡が粘って四球。
相川送って1アウト2塁。

代打は田中。

期待がかかりますが、残念ながら遊ゴロ。

続く山田も遊ゴロ。

石川に勝ちをつける最後のチャンスでしたが。

惜しくもチェンジ。
ナインの気持ちはテレビ画面からも伝わってきましたけどね。

実は続く8回表もスワローズはチャンスを迎えます。

上田が歩いて、バッターミレッジ。

しかしミレッジ最近どうしたのでしょうか、
飛んだところも悪くゲッツー。

この回はこれで終わりかな、と思いきや、
バレ、畠山と連続で四球を選びます。

正直代えないで欲しいな、
と思ったら、投手交代。

高木→アコスタへ。

あと一歩なんですけどね。

慎也さんが遊ゴロでチェンジ。
またもやチャンスを逃します。

守りの方はと言うと、
7回山本、8回は石山は安定の無失点。

ここの2人は安心して観ていられますね。
(石山は若干危なかったですが、彼の直球は本当にすごい!)

そして、運命の9回に入っていきます。

9回表、先頭森岡ヒットで、相川がバント。

1アウト2塁という勝ち越しの絶好の機会となります。

ここで一本が出ない勝負弱さもヤクルトが浮上できない理由でしょうか。

代打岩村、代打慎吾が遊ゴロ。
貴重なチャンスをつぶしてしまいました。

そして、9回裏。
守護神バーネット。

相当好調という話でしたが…。

先頭長野がセンター前ヒット。

当たり自体は良くなかったですが、
無情にもセンター前に落ちました。

橋本が送って1アウト2塁。

バッターは今日4打数4安打の坂本。
しかしここは打ちとって2アウト3塁。

次の阿部は当然に敬遠。

ピンチランナーが出ていましたので次は代打で高橋。

ここも敬遠でよかったのかな、
と思いましたが、次のロペスと比べて高橋の方がいいとふんだのでしょう。

3球目のカットボールをセンター前に運ばれ、サヨナラ。

あっけなく敗戦となりました。

上田は思ったより前に出てきていませんでしたね。
最初「とれるかな」とも思ったのですが。

とにかく悔しい敗戦でした。

今日は9回に一本が出なかった時点で相当苦しい展開になりました
先攻でしたしね。

バーネットが先頭に打たれた時点でサヨナラのビジョンがみえてしまいました。

よほどチーム状態が悪いということでしょう。

この接戦を落とすのは精神的にきついですね。


この3連戦は、

巨4-1ヤ
巨6-3ヤ
巨6-5ヤ

という結果になりました。

あと一歩というところで白星が逃げて、結果としては3タテ。
苦しいですね。

2ケタ得点はされていませんが、
少しまだ打たれ過ぎです。

肝心なところであと一本が出ていないのもまずいです。

3連戦に絶対に勝ち越したい、
もう負けられないという3連戦でしたが、
サヨナラ負けで3タテを決められるという最悪な結果となってしまいました。

これはさすがに心が折れますね。
まだ諦めませんけど笑



【今後の展望】

今日から神宮で広島3連戦。

今日の先発は村中、
広島は野村です。

野村は前回きっちり打てていますし、
村中も前回中盤以降はきっちり腕が振れていたので期待できますね

広島側はマエケンが前のカードで投げてますし、
明日は小川が投げるでしょうし、チャンスです。

ここは3タテでいきたいところ。
最低でも勝ち越ししたいですね。

今度こそ借金返済するぞ!

連敗ストップして気持ちよくなりましょう!

勝利を信じて一緒に応燕していきましょう!

いつでも感想・質問をお待ちしています。



メルマガ購読・解除
 


記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ