宮崎つばめのネットビジネスで月収100万円。

宮﨑といいます。 ネットビジネスについて書いていきます。 主に情報販売、アフィリエイトについてです。 ネットを使って月収100万円を目指していくブログです。 心構え、手法を共に紹介します。 お金は欲しいけど、組織に縛られた働き方は嫌だし、家やカフェにいながら稼ぎたい!というそんなあなたに。 ※2013/09/08 時給5700円達成。

巨人

進撃の巨人はなぜ流行ったのか?



こんにちは。
8月ももう終わりそうですねー。
夏休みももう終わりですかね?

大学生である僕の夏休みはまだまだ続きます、
宮崎つばめです。


さて、今日の話ですが、
現在アニメ化もあり大ヒットしているマンガ、
「進撃の巨人」についてです。

もしかしたらあなたも知っているかもしれませんが、
一応あらすじを説明すると、

平和に暮らしていた人類にあるとき突然、
人を食べる、とても大きな「巨人」が出現。
人間を次々を食べていきます。

絶滅しかけた人間は、
とても高い巨人でも越えられないほどの高い「壁」で、
自らの周りを覆うことで安全を確保しました。

平和が再び訪れて100年後。
突如出現した「超大型巨人」により外側の壁が破壊され、
人類は領土を大きく失います。

巨人の恐怖を改めて思い知った人類は、
巨人の謎を探りながら、領土奪還に向けて奮闘していく・・・。


というストーリーなのですが、
何故ここまでブレイクしているのが正直僕には疑問でした。

人類に敵が現れて、人類がピンチになって、
それを倒すというストーリーはあまりにもありきたりだからです。
よく考えてみれば、
戦隊シリーズ、スパイダーマン、ゴジラ、宇宙戦争・・・etc

いわゆる勧善懲悪に近いものは全て当てはまると思います。

こういったものと、この「進撃の巨人」の違いは、
なんだろうと考えました。

その答えは、
読んだ後に残る独特の「無力感」と「恐怖感」だと思います。


このマンガの特徴は、巨人に対して、人間が圧倒的に弱いということです。
巨人に出くわしてしまえば、そのまま食べられて終わりです。

巨人と戦うために訓練を積んだ兵士も、
ウルトラマンや仮面ライダーのように超人的な能力を持っているわけではなく、
巨人の唯一の弱点であるうなじを刃で切り裂くしか方法がありません。

立体機動装置という空中を移動する道具は持っているものの、
圧倒的に大きい巨人につかまってしまえばどんな歴戦の兵士であれ一瞬で食われてしまうという残酷さがこのマンガの特徴です。
10人の兵士がいても、全員巨人に食われてしまう可能性もあるという、
この人間の無力感。
これが1つ目の売れた理由の1つです。


もう1つの理由は「恐怖感」です。
ただ単に巨人が強いからということではありません。

人の形をした巨人が、笑顔で、
呼吸をするかのように人間を食べるという恐怖です。

人間が人間(正式には人間ではなく巨人)に食べられる、
という全く新しい恐怖の刺激が、
僕らに気味の悪い心地よさを味あわせています。

普段は食物連鎖のピラミッドの頂点に立つ人間が、
好きなものを好きなだけ食べてきた人間が、
突然当たり前のように巨人に食われるわけです。

この無力感、恐怖感が、
逆に「快感」となっているわけです。

非常に面白いですよね。
強さよりも、
「あなたは弱いんですよ。」
と言われることによる快感。

巨人という人間に近いものに食べられるという快感。

非常に新しいです。
とんでもなく人気になってしまったので、
どこまで連載を続けるのか、
話の終着点をどうするか。

注目です。

アニメは一旦どこかで区切りをつけて最終回は迎えるでしょうが、
この人気です。
すぐ2期という話も出てくるでしょう。

いずれにせよ、今後どうなるかチェックしていきたいですね。
「進撃の巨人」。大注目です。


それではまた次回です。


宮崎つばめ

 

巨人3連戦終了。

おはようございます。
昨日から8月ですね。僕は大学最後の夏休みがやってきます。
発行者の宮崎燕です。

今日の内容は、

【昨日の試合振り返り】
【今後の展望】

でお送りしたいと思います。



【昨日の試合振り返り】

さて、昨日の試合ですが、
ヤクルトの先発は小さな大エース石川。
巨人は少ないチャンスをモノにしたい小山。

石川は前回非常にいいピッチングでしたし、
巨人相手には比較的安定して投げていましたので期待は大きかったです。

それでは結果ですが、


ヤ 000 023 000  |5
巨 011 030 001x |6

勝:西村(3勝3敗26S)
負:バーネット(0勝6敗5S)
セーブ:なし

本塁打
巨:阿部25号(5回裏2ラン)、村田13号(5回裏ソロ)
ヤ:畠山11号(5回表2ラン)、上田2号(6回表2ラン)、バレンティン35号(6回表ソロ)


非常に重い重い敗戦となりました。
1戦目、2戦目と逆転負けで落とし、正直苦しい3連敗中のヤクルトと、
5連勝で勢いに乗る巨人。

その差が終盤に出た。
そんな試合でしたね。

まず序盤ヤクルトは4回まで小山にパーフェクトに抑えられます。

たしかに小山はアウトローにいい真っすぐがきてましたが、それにしてもちょっとなー。
という感じでしたね。

石川も内容自体はいいのですが、
味方のまずい守備等もあって2,3回にそれぞれタイムリーを打たれ2-0。
(今日は本当に最後まで巨人のポテンヒット多かったです。天にも見放されたか…。)

しかし、5回表には畠山の2ランで同点に。

バレンティンが歩かされた後ですから非常に意味のある一発だったと思います。

ハタケは逆方向に強い打球が打てるのは本当に持ち味だと思います

しかし石川ここで流れを掴みきれない。
直後の5回裏に阿部に2ラン、村田にソロを許してしまいます。

バレのまずい守備もあったし、2ランまでは仕方ないのかな、と思いますが、
村田のソロは全力で防ぐべきでしたね。

昨日までの試合だったらここで終わっていましたが、
今日はくらいつくヤクルト。

石川に勝ちをつけさせたいという思いがあったんでしょう。
みんな何としてでも繋ぐんだ、という意識が見えました。

そこは非常によかったと思います。

山田が四球で出て、上田がホームランで5-4。
ミレッジ倒れてバレンティンのソロで同点。

上田調子いいですね。8月も続けてほしい。
バレンティンも量産体制に入ってきました。

6回裏は石川がきっちり抑えて、
さあラストチャンスで石川に勝ちをつけようという7回表。

先頭の森岡が粘って四球。
相川送って1アウト2塁。

代打は田中。

期待がかかりますが、残念ながら遊ゴロ。

続く山田も遊ゴロ。

石川に勝ちをつける最後のチャンスでしたが。

惜しくもチェンジ。
ナインの気持ちはテレビ画面からも伝わってきましたけどね。

実は続く8回表もスワローズはチャンスを迎えます。

上田が歩いて、バッターミレッジ。

しかしミレッジ最近どうしたのでしょうか、
飛んだところも悪くゲッツー。

この回はこれで終わりかな、と思いきや、
バレ、畠山と連続で四球を選びます。

正直代えないで欲しいな、
と思ったら、投手交代。

高木→アコスタへ。

あと一歩なんですけどね。

慎也さんが遊ゴロでチェンジ。
またもやチャンスを逃します。

守りの方はと言うと、
7回山本、8回は石山は安定の無失点。

ここの2人は安心して観ていられますね。
(石山は若干危なかったですが、彼の直球は本当にすごい!)

そして、運命の9回に入っていきます。

9回表、先頭森岡ヒットで、相川がバント。

1アウト2塁という勝ち越しの絶好の機会となります。

ここで一本が出ない勝負弱さもヤクルトが浮上できない理由でしょうか。

代打岩村、代打慎吾が遊ゴロ。
貴重なチャンスをつぶしてしまいました。

そして、9回裏。
守護神バーネット。

相当好調という話でしたが…。

先頭長野がセンター前ヒット。

当たり自体は良くなかったですが、
無情にもセンター前に落ちました。

橋本が送って1アウト2塁。

バッターは今日4打数4安打の坂本。
しかしここは打ちとって2アウト3塁。

次の阿部は当然に敬遠。

ピンチランナーが出ていましたので次は代打で高橋。

ここも敬遠でよかったのかな、
と思いましたが、次のロペスと比べて高橋の方がいいとふんだのでしょう。

3球目のカットボールをセンター前に運ばれ、サヨナラ。

あっけなく敗戦となりました。

上田は思ったより前に出てきていませんでしたね。
最初「とれるかな」とも思ったのですが。

とにかく悔しい敗戦でした。

今日は9回に一本が出なかった時点で相当苦しい展開になりました
先攻でしたしね。

バーネットが先頭に打たれた時点でサヨナラのビジョンがみえてしまいました。

よほどチーム状態が悪いということでしょう。

この接戦を落とすのは精神的にきついですね。


この3連戦は、

巨4-1ヤ
巨6-3ヤ
巨6-5ヤ

という結果になりました。

あと一歩というところで白星が逃げて、結果としては3タテ。
苦しいですね。

2ケタ得点はされていませんが、
少しまだ打たれ過ぎです。

肝心なところであと一本が出ていないのもまずいです。

3連戦に絶対に勝ち越したい、
もう負けられないという3連戦でしたが、
サヨナラ負けで3タテを決められるという最悪な結果となってしまいました。

これはさすがに心が折れますね。
まだ諦めませんけど笑



【今後の展望】

今日から神宮で広島3連戦。

今日の先発は村中、
広島は野村です。

野村は前回きっちり打てていますし、
村中も前回中盤以降はきっちり腕が振れていたので期待できますね

広島側はマエケンが前のカードで投げてますし、
明日は小川が投げるでしょうし、チャンスです。

ここは3タテでいきたいところ。
最低でも勝ち越ししたいですね。

今度こそ借金返済するぞ!

連敗ストップして気持ちよくなりましょう!

勝利を信じて一緒に応燕していきましょう!

いつでも感想・質問をお待ちしています。



メルマガ購読・解除
 


勝てたのに。

おはようございます。
今日はFNS歌謡祭やってましたが、
ショックで頭に入ってきませんでした笑

宮崎燕です。

今日の内容も、

【今日の試合振り返り】
【今後の展望】

でお送りしたいと思います。



【昨日の試合振り返り】

さて、今日の試合ですが、
ヤクルトの先発は援護率がなさすぎる八木、
巨人の将来のエース候補である笠原。

今日こそは八木を援護して、
勝ち星をつけさせてあげたいところです。

試合内容は、
「またか」という逆転負けでした笑


ヤ 000 111 000 |3
巨 000 411 00X |6

勝:笠原(4勝1敗)
負:八木(2勝8敗)
S:西村(2勝3敗26S)

本塁打
巨:なし
ヤ:森岡1号(4回表ソロ)、バレンティン34号(5回表ソロ)


初戦を落とし連敗中のヤクルトと、
昨日で4連勝の巨人。

その勢いがそのままに出た逆転負けでした。

八木は序盤3回はランナーを出しながらもきっちり抑えます。

ヤクルトは1回は1アウト満塁、2回は2アウト満塁とチャンスを作りますが、
肝心のところであと1本が出ません。

僕に言わせればここで試合で終わりでした。

それではメルマガにならないのでこの後も書きますが笑

先制したのはまたもやヤクルト。

4回に森岡のソロで先制。

ソロってのは何とも言えないですね。
今のヤクルトの状態では全く安心できません。

そして大事なのは得点した次の回。

1アウトから四球と連打で満塁。
ボウカーは三振に斬って取りますが、
中井に素早く0-2と追い込み、3球目を甘く入れてしまったところをタイムリー。
(バレンティンが飛び込めばとれた気もしましたが)

ここで終わっておけば良かったのですが、
集中力が切れてしまったでしょうか。

投手笠原にさらに2点タイムリーを打たれてしまいます。

直後にバレンティンがソロで4-2と2点差に詰め寄ります。
(ここもソロなんですよねー。)

その後の5回裏がきつかったです。
1アウトから3連打で5-2。

その後は松岡が抑えますが、
痛すぎる1点でした。

続く6回表はヒット2本で1アウト1,3塁から山田が犠牲フライ。5-3
食らいつくヤクルトですが、反撃はここまででした。

6回裏に昨日活躍の橋本にタイムリーを打たれ6-3。

ここで万事休す。
昨日同様に後はチャンスもなく敗れてしまいました。

これで3連敗。
巨人は5連勝。

巨人3連戦の勝ち越しもなくなりました。

幸い3位横浜は負けたものの、
広島・中日が勝ったために4位・5位はさらに遠くへかすみます。

いよいよ本当に厳しくなってきました。
明日はなんとか勝ちたいところですね。

昨日もそうですが、
肝心なところで一本が出ず、その後タイムリーを相手に打たれる展開。

この悪い流れをなんとかできないものでしょうか…。



【今後の展望】

明日も東京ドームで巨人戦です。

ヤクルトの先発は石川、
巨人は小山です。

石川は前回いいピッチングをしていますから、
明日も長いイニングを投げて是非また白星を手にしてほしい!

連勝ストップは燕のエースに託しましょう!

今日は残念でしたが、明日も小山という若いピッチャーですので、
早いイニングで打ち崩したいところです。

何とかCS進出を勝ち取りましょう!

ちなみに今日の試合も、
BS日テレ(BS4ch)で放送予定ですのでチェックしてみてください!

明日こそ連敗脱出して借金返済するぞ!

勝利を信じて一緒に応燕していきましょう!

いつでも感想・質問をお待ちしています。

それでは、また明日。



巨人戦、初戦。

おはようございます。
いよいよ夏休みシーズンも近づいてきました。
宮崎燕です。

今日の内容は、

【昨日の試合振り返り】
【今後の展望】

でお送りしたいと思います。



【昨日の試合振り返り】

さて、昨日の試合ですが、
ヤクルトの先発は久しぶり復帰のロマン、
統一球ピッチャーと名高い、巨人のエース内海。

ロマンはある程度試合をつくれるピッチャーですから、
期待をかけていました。

ちなみにバーネットが抑えに復帰するようです。
小川監督が明言していました。

1軍に上がってきてからは比較的いい球を投げていましたので期待です。

山本は抑えを外れますが、
やはり彼には少し不安がありますし、中継ぎの層が厚くなったことは非常に良いことだと思います。


ヤ 010 000 000 |1
巨 002 011 00X |4

勝:内海(8勝4敗)
負:ロマン(2勝4敗1S)
S:西村(2勝3敗25S)

本塁打
巨:なし
ヤ:畠山10号(2回表ソロ)


惜しくも勝ち越しを逃し、
なんとかこの巨人3連戦を勝ち越したいヤクルトと、
中日を3タテして勢い充分の巨人。

まず初回ヤクルトはあっさり三者凡退。
ロマンも四球をはさみながら何とか抑えます。

2回表には畠山のソロで先制。

そして3回表にもチャンスを迎えます。

川島がヒットで、内海がピッチャーロマンのバントの処理を失敗しノーアウト1,2塁。

次の山田のライトフライで2塁川島がタッチアップを試みますが、今日昇格即スタメンの橋本の強肩に刺されてしまいます。
惜しい場面でした。

ピンチの後にはチャンスあり、
と言いますが、3回裏は長野、橋本の連打の後坂本打ちとって阿部敬遠で2死満塁のピンチをヤクルトが迎えます。

バッターは村田。

13打数2安打と対戦成績はロマンに分がありましたが、
ど真ん中に入ったボールを綺麗にレフト線に打たれました。

これで2-1と逆転されます。

ヤクルトはチャンスは作るのですが、
なかなか勝ちきれません。

5回は2アウト1,2塁、
6回は2アウト満塁のチャンスを迎えますが、それぞれ凡退。

その間に追加点を巨人に取られます。

まず5回裏はヒットと四球でランナーをためて満塁。

ここはロマンの踏ん張りどころでしたが、
押し出しであえなくピッチャー交代。

満塁のピンチは続きますが、ここは江村が谷を三振にきって取ります。

6回裏ももったいなかったです。
木谷がいい感じに2アウトまでとるも、
そこからヒットと四球で1,2塁。

また2アウトから、また四球かよ、
という感じですが笑

坂本にタイムリーを打たれ、痛い追加点をくらいます。

ラストチャンスは7回表でした。

あっさりと山口に2アウトをとられますが、
その後山田、代打飯原と連打。
(ここのところ飯原がいい場面で打ってますね)

1,3塁と言う場面で昨日はいいところなしのミレッジ。

結果は遊ゴロでした。

ミレッジどうしたんでしょうか。

4戦連続本塁打はあったものの、
夏場なのに打率が思うように上がってきません。

昨年は3割に乗っただけに、今後の上昇に期待したいですね。

それ以降は、マシソン、西村とつながれ、
全く打てそうな気配はありませんでした。

チャンスに点を決められ、
チャンスに打てない。

負けるべくして負けた。
そんな敗戦でしたね。

しかし、打てる時は抑えられない。
抑えた時は打てない。

投打が全くかみ合いません。

どちらかと言えばピッチャー陣、
特に中継ぎに原因はあるのでしょうが。

3連戦に絶対に勝ち越したい、
昨日は3位横浜も勝ったという状況で、
落とせない大事な試合でしたが、落としてしまいました。



【今後の展望】

今日も東京ドームで巨人戦です。


今日の先発は八木、
巨人は笠原です。

八木には本当に勝ちをプレゼントしたい。
今日は打線に奮起してもらって、
八木には思いっきり自分の球を投げてもらいたいですね。


ホールトンと宮国がローテから外れたために、
笠原、小山と若手投手が出てくるようですから、叩くチャンスです。

何とかCS進出を勝ち取りましょう!

1つ先に取られて厳しい戦いですが、
なんとか勝ち越ししたいですね。

ちなみに今日からの2試合も、
BS日テレ(BS4ch)で放送予定ですのでチェックしてみてください!

借金返済するぞ!

勝利を信じて一緒に応燕していきましょう!

いつでも感想・質問をお待ちしています。

それでは、また明日。

宮崎 燕


メルマガ購読・解除
 

記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ