こんにちは。宮﨑です。
前回の記事が好評でしたので、
早速、第2回です。

第2回は「信念を貫く」
というテーマで書いていきたいと思います。

第1回「自主性」については、
→こちらからご覧ください。
(僕のもう1つのブログに飛びます。)


さて、それでは本題に。

14年ぶりの優勝を果たしたヤクルトですが、
その要因は色々考えられると思います。

数多くの真中監督の取り組みの中で、
僕が特に効果が高かったと思うのは、

2番を川端選手に固定した事。
送りバントをしなかった事。
(川端選手のバントは年間2回)

ですかね。
そして何より素晴らしいと思ったのは、
その作戦を断じて変えなかった事です。

これが今回のテーマである、
「信念を貫く」
につながってきます。

やはりビジネスにおいても、
試験勉強においても、
「信念を貫く」
ことが大事です。

真中監督もシーズン中には、
大型連敗があってブレそうになったそうです。

けれど同時期に連敗中だった阪神の、
和田監督が、普段と違う作戦をとり、
ブレブレで泥沼にハマっているのを見て、

「調子が悪い時も決めた事を曲げず、
自分を信じて貫こうと思った」

といったような発言をされています。

辛い時も、自分を信じて、
ただ愚直にやっていく事で、
道は開かれるのでしょうね。


それぞれ皆さんにも、
この考え方を活かして欲しいと思います。

大学受験に挑む方は、
模試の成績は悪くても、
勉強を続けて欲しいですし、

起業に挑む方は、
商品開発や営業にと、
毎日続けて欲しいですし、

スポーツに挑戦している方は、
試合で結果を出すために、
毎日練習を続けるしかありません。

「千里の道も一歩から」
という言葉がありますが、

本当にこの通りで、
何かを成し遂げるためには、
近道なんてありませんよね。

自分の決めた道を信じて、
道を極めていくしかありません。


僕は以前、半導体を作る会社に、
勤めていたことがあります。

まあすごく簡単に言うと、
半導体の元となるCDみたいな、
円盤状のウェーハーを作っていました。

それでそのウェーハーなんですが、
微妙に歪んでいるものを、
あえて作ったりするんですね。

そこで作った歪みが正しいかどうか、
確認する仕事をしていました。

ちゃんと円盤が歪んでいるか、
どうやって調べると思います?

「千里の道も一歩から」
の話とつながってくるのですが、

円盤の表面に座標を設定します。
その座標ごとの高さを調べて、
歪みを調べるわけです。

歪みを調べると言っても、
いきなり調べられるわけじゃないんです。

結局、一点一点の高さを調べて、
全体の形を調べるしかないんです。

近道はないってことです。


さあ、話を戻しましょう。

あなたにも、
きっと成し遂げたい事が、
あるはずです。

僕も最近やっと半分くらい、
理想に近づいてきた感じがします。

やっぱり、夢があるなら、
それに向けて修行は必要です。

信念を曲げずに、
道を貫く事が全てだと思います。


逆に言うと、
途中で投げ出すくらいなら、

それは懸けるべきでない事項です。


気付けて良かったと、
ポジティブに捉えればいいですよね。

中途半端な努力しかできないものに、
貴重な時間を割く必要はないです。

本当に自分の全てをかけられる、
そんなものをまず見つけて、
一歩ずつ理想に近づけたらいいですね。

自分が本当にやりたい事なら、
その修行ですらも、
楽しいと思えることでしょう。



それでは、今回はこの辺で。
次回はラストの第3回!
「自己責任」に関してです。

近いうちに更新しますので、
楽しみに待っていてくださいね。
それでは、また次回です。


by 宮﨑
---------------------------------

PS. 企画の方もご好評いただいてます。
是非チェックしてみてください。

→ラクしてお金を稼いではいけない?
企画内容はこちらから確認出来ます。
(もう1つの僕のブログに飛びます。)

→宮﨑の新企画はこちらから
(登録画面に飛びます。)

→【ついに残り10名!】クソつまらない人生を、
一瞬で最高の人生に変える方法!?
(もう1つの僕のブログへと飛びます。)