宮崎つばめのネットビジネスで月収100万円。

宮﨑といいます。 ネットビジネスについて書いていきます。 主に情報販売、アフィリエイトについてです。 ネットを使って月収100万円を目指していくブログです。 心構え、手法を共に紹介します。 お金は欲しいけど、組織に縛られた働き方は嫌だし、家やカフェにいながら稼ぎたい!というそんなあなたに。 ※2013/09/08 時給5700円達成。

評価

『ヒロイン失格』評価。新しい恋愛映画の幕開け?

こんにちは。宮﨑です。
10月に入りましたね。寒くなりますので、
どうか体調には気をつけて。

さてさて今回は、
久しぶりに映画の話題でも。
観てきました、『ヒロイン失格』

桐谷美玲さんの主演で、
大人気少女漫画の実写化です。

公開直後から、話題沸騰ですね。
映画サイトでもかなり高評価になっています。

自称映画評論家の僕も、
行ってきました、新宿ピカデリー。

早速観てきましたので、
その評価というか、感想です。

これから観る方、もう既に見た方の、
参考になれば幸いです。

【あらすじ】 高校生の松崎はとりと、 寺坂利太(てらさか りた)は幼なじみ。 ちょっと腹黒な主人公・松崎はとりは、 利太にとってのヒロインは、 自分だと信じて片思い中。 一方、モテモテの寺坂利太は、 「ある理由」から女性に本気になれず、 彼女が出来てもすぐに別れていた。 そこに現れたのは、 地味でさえない女子、安達未帆(あだち みほ) 安達も他の女子と同じく、 利太に好意を寄せていたが、 はとりは「どうせ脇役」と楽観視していた。 ところが状況が一転して、 安達は利太は交際をスタート。 必死に自分に見てもらおうとするが、 逆に仲の良さを見せつけられて、 困り果てる、はとり。 そこに学校一のイケメンである、 弘光(坂口健太郎)が突然現れる。 弘光にアプローチを受けるはとり。 利太と安達は眩しいほどの仲良しカップル。 やがて、はとりの気持ちも揺れ動き... といった感じです。 予告編を貼っておきますね。




【評価・感想】
肝心の中身ですが、 よくありがちのキュンキュン青春劇、 とはかなり違いました。 もちろんキュンキュンする場面もありますが、 かなりの部分がコメディ。 桐谷美玲さんの表情が変幻自在。 もうまさに、 「桐谷美玲劇場」となっています。 はとり役の桐谷美玲さんは、 公開にあたっての試写会で、 原作者の方からのサプライズの手紙が読み上げられ、 大号泣してしまったそうです。 そこで利太役の山崎健人が、 そっとハンカチを差し出したというのも、 なかなか素晴らしい話ですが、 やはり、 大号泣するぐらいに気合のこもった、 大変な撮影だったのでしょう。 撮影は今年の冬から、 春先にかけてだったようですしね。 体力的にも、精神的にも、 キツい撮影だったと思います。 その努力の軌跡は、 映画のあちこちで確認できました。 キャスト全員が持ち味を発揮し、 うまく噛み合っていた感じです。 「評価」と言うと偉そうですが、 観終わった感じとしましては、 「非常に面白かったです。」 前半は、主にコメディタッチ。 これでもかと、表情の変化。 オマージュの嵐。 桐谷さんの変顔も見事ですし、 竹内力、福田彩乃さん等との兼ね合いも、 息ぴったりでとても面白い。 途中でやや重くなりがちな、恋愛モノ。 連発される笑いポイントのおかげで、 雰囲気を明るく維持していきます。 そしてそれが寒くない。 全然スベってない。 劇場でもかなり笑い声が響いていました。 後半はやや笑いポイントは減少。 これは非常に良い戦略だと思いました。 重い雰囲気を軽くしていた前半に比べ、 笑いを減らす事で、 観ている側をあえて追い込んでいく。 クライマックスに向けて、 ただでさえ厳しい状況を、 さらに厳しく見せる工夫ですよね。 そして観ている側を追い込み、 いよいよ選択の時。 最後に桐谷美玲扮するはとりが、 選ぶのは、利太?弘光? ここは是非劇場で、 チェックしていただきたいと思います。 この映画のすごい所は、 新しい恋愛映画の道を切り拓いた事です。 ただ観客をキュンキュンさせるだけでなく、 コメディ要素を大量に詰め込み、 あえて苦しいシーンを、 笑えるシーンへと変えてしまう。 主演の女優のイメージさえ、 崩壊してしまう程に。 これは今までになかった挑戦ですし、 それに真正面から取り組んだ、 桐谷美玲さんの努力の賜物と思います。 漫画原作の恋愛モノでも、 ここまで攻めても大丈夫。 そういう事を証明した映画ですね。 監督の英勉にも、「あっぱれ!」 あれだけ笑いをとっても、 ラストは非常に感動出来ます。 笑いも涙も詰まった、 「これぞエンターテイメント!」 といった作品になっています。 「ジェットコースターみたいな作品」 と山崎健人さんが言ってましたが、 まさにその通りの内容の充実感。 観終わった後のお客さんの反応も、 「面白かったー」「感動した」と 興奮気味の方が大変多かったです。 まだ観ていない方は、 是非「恋愛映画の革命」を 生で目撃される事をおすすめします。 とても満足出来る映画になっています。 是非、劇場へ。 今回は、この辺にしておきますね。 近いうちにまた更新します。 また、次回です。


by 宮﨑
→【ついに残り10名!】クソつまらない人生を、一瞬で最高の人生に変える方法!?
(もう1つの僕のブログへと飛びます。)

ひどすぎる。

こんにちは。
暑い日々ですが、体に気をつけて頑張りましょうね。
発行者の宮崎燕です。

今日の内容は、

【昨日の試合振り返り】
【今週の総括】
【来週の展望】

でお送りしたいと思います。



【昨日の試合振り返り】

さて、昨日の試合ですが、
今シーズンまだ勝利のない先発赤川と、
巨人から移籍の、広島小野投手。


うーん。
とても悔しい。
勝てた試合でした。


ヤク 010 320 001 | 7
広島 200 060 20X |10

勝:久本(3勝3敗)
負:赤川(5敗)
S:なし

本塁打
広:菊池6号(5回裏満塁)、梵2号(5回裏2ラン)
ヤ:ミレッジ14号(4回表ソロ)


先頭フォアボールからあっという間にタイムリーを打たれ2点を先制されました。
またダメな赤川かと思わずにはいられない立ち上がりです。

しかし相川さんのタイムリーで1点を返し、
なお1アウト3塁。

転がせば点が入るかもというところで、バッター赤川。

当たり自体は悪くなかったですが、運がなくサード正面。
飛び出していた相川も戻れずタッチアウト。

天にも見放されたかな、といったところでした。

危なげながらも赤川は3,4回を0に抑えます。

スワローズの反撃は4回。

まずミレッジのソロで同点に追いつくと、

相川、森岡の2塁打で4-2にと勝ち越しに成功。

続く5回表はランナー2,3塁でまさかの飯原が2点タイムリー。
直前にワイルドピッチでランナーが進んでいたのもでかかったですね。

そして、問題の5回裏。

いきなり勝ちを意識したのかなんなのかは分かりませんが、
先頭にまたもや四球。しかも率の低い堂林に。

この時点で代えて欲しかったくらいです。

その後石原、代打の小窪に連打を浴びノーアウト満塁。
この時点で完全に代えるべきでしたね。

まだ今シーズン勝ち星のない赤川に白星をつけさせたかったんでしょうか。

次のルイスは三振にとりますが、
次の菊池に満塁弾を打たれてしまいます。

さらにその後丸を打ちとりますが、
またもやキラに四球。
(これは敬遠気味だった気もしますが笑)

そこで、ピッチャー木谷に交代。

他に代える場面がいくつもあったと思うんですけどね、小川さん。

まさかのそこで2ランを打たれて、ゲームは終了。

その後意気消沈したヤクルトナインは9回の1アウト1,2塁の場面までチャンスらしいチャンスもなく、
終わってみれば二桁10点をまたとられて10-7で敗北。

勝てる試合を落としました。

それだけ中継ぎ陣にも不安があったということでしょうが、
それにしても赤川続投はあり得ない選択だったと思います。

コントロール悪くて、ストライク決めにいっても打ちこまれる状態でしたから。

本当に、あと少しで勝ち越しだったのに、残念な敗戦です。

いい材料と言えば、
最近打線が機能していることくらいでしょうか。

まあ投手陣とかみ合っているようには思えませんが笑

ここで連勝できれば、という希望もあったんですが、
非常に厳しい、日曜日の、
オールスター明け最初の今週の負け越しを決める黒星でした。



【今週の総括】

さあ、今週からオールスターも終わりリーグ戦再開となったわけですが、
今週のヤクルトはどうだったでしょうか。

結果から言えば、
2勝3敗で借金が1つ増えて18。

うーんきついですね。

阪神戦のイーブンは仕方ないとして、
広島3連戦は、場合によったら3タテもというような内容でしたので、
非常に悔しいです。

本当にがけっぷちで少しでも借金を減らさなければいけないのに、
この内容は苦しいですねー。

2つの勝ちは石川、小川でした。

石川に勝ちがついたことは大きいですし、
先日の広島戦での村中のピッチングは途中からは本来のものになってましたので、
次の登板も広島戦でしょうから、勝ち星を期待したいですね。

赤川は本日登録抹消されました。

代わりの先発はロマンとかですかね?

これはちょっと分かりませんので、
情報が入り次第お伝えします。

3位横浜とは4.5ゲーム差。

少し遠くなってきました。

何とか来週は勝ち越して、
3ゲーム以内の射程圏内にまで近づきたいところですね。



【来週以降の展望】

来週は東京ドームで巨人3連戦。
そして神宮で広島3連戦。

明日の先発は八木でしょうか。

明日から巨人3連戦ですね。

中日を3タテしてきた巨人と、
悔しい逆転負けで勝ち越しを逃した我がヤクルト。

厳しい戦いにはなると思いますが、
なんとか勝ち越したいところです。

ちなみに3連戦全て、
BS日テレ(BS4ch)で放送予定ですのでチェックしてみてください!

東京ドームで、相手のピッチャーもエース級が出てくると予想される中、
健闘を期待したいですね。

その次の広島3連戦は分がいい神宮ですから、
最低勝ち越し、出来れば3タテといきたいところです。

目指せ借金返済!

諦めず皆で応燕していきましょう!


いつでも感想・質問をお待ちしています。



メルマガ購読・解除
 

記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ